DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第3号 >

1982年タイ国チェンマイ地区における脳炎のウィルス学的疫学的調査. : IV.入院患者の血清学的検査


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_03_06_t.pdf799.7 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1982年タイ国チェンマイ地区における脳炎のウィルス学的疫学的調査. : IV.入院患者の血清学的検査
その他のタイトル: Virological and Epidemiological Studies on Encephalitis in Chiang Mai Area, Thailand, in the Year of 1982 : IV. Serological examination on hospitalized patients
著者: 藤田, 宣哉 / 五十嵐, 章 / 分藤, 桂子 / 緒方, 隆幸 / SUPAWADEE, Jiraporn / PEERAKOME, Supatra / LEECHANACHAI, Pranee / PANASAMPOL, Kampol / CHANYASANHA, Charnchudhit / CHATIYANONDA, Kanai
著者(別表記) : Fujita, Nobuya / Igarashi, Akira / Bundo, Keiko / Ogata, Takayuki / Supawadee, Jiraporn / Peerakome, Supatra / Leechanachai, Pranee / Panasampol, Kampol / Chanyasanha, Charnchudhit / Chatiyanonda, Kanai
発行日: 1983年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(3). p155-164, 1983
抄録: 40名の脳炎と54名のデング出血熱(DHF)を含む108名の患者の対血清と,15名の脳炎と25名のDHFを含む71名の患者の単一血清について,日本脳炎(JE)とデング抗原に対する血球凝集抑制反応(HI)とJE抗原に対する免疫酵素測定法(ELISA)を実施した。HIの結果,10名の脳炎と3名のDHFは初感染の抗体反応を示したが,7名の脳炎と28名のDHFは二次感染の反応を示した。HIでJE抗原にのみ抗体反応を示した脳炎は7例であり,デング抗原にのみ抗体反応を示したものは脳炎で7例, DHFで10例存在した. JE抗体に対するIgM-ELISAはJEウイルスの新鮮感染を示す良い指標である事がわかり,この方法で27名の脳炎患者が陽性と判定された.このうち22名は対血清の得られたもので,そのうち16名はJE抗原のみに陽性のHI反応を示していなかった。残る5例は単一血清しか得られなかった患者である。血清学的検査の結果,脳炎患者のうち少なくとも4名はデング感染によると推察された。 / One-hundred and eight paired sera including 40 encephalitis and 54 dengue hemorrhagic fever(DHF), and 71 single sera including 15 encephalitis and 25 DHF cases, were examined by the hemagglutination-inhibition (HI) against Japanese encephalitis (JE) and dengue antigens, as well as by the enzyme-linked immunosorbent assay(ELISA) against JE antigen. By the HI test, 10 encephalitis and 3 DHF cases showed primary type antibody response, while there were 7 encephalitis and 28 DHF with secondary responses. Only 7 encephalitis and 10 DHF cases with paired sera showed monospecific HI antibody reponse to JE and dengue antigens, respectively, and there were 7 encephalitis cases with monospecific HI antibody response to dengue antigens. IgM-ELISA against JE antigen appeared to be a more specific indicator of recent infection by JE virus, and could detect 27 positive cases. Twenty two of them were the cases with paired sera and 16 of them did not give positive and monospecific HI antibody response to JE antigen. Remaining 5 case were with single serum specimen. Serological tests suggested that at least 4 encephalitis case were due to dengue virus infections.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4360
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4360

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace