DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第3号 >

犬フィラリア虫体内含有アレルゲン量測定のためのSingle Radial lmmunodiffusion法


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_03_07_t.pdf452.92 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 犬フィラリア虫体内含有アレルゲン量測定のためのSingle Radial lmmunodiffusion法
その他のタイトル: Single Radial Immunodiffusion Method for Determination of the Allergen Concentration in Dirofilaria immitis
著者: 藤田, 紘一郎 / 月舘, 説子
著者(別表記) : Fujita, Koichiro / Tsukidate, Setsuko
発行日: 1983年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(3). p165-168, 1983
抄録: 犬フィラリア虫体のどこに,どれだけのアレルゲンが含まれているかを知ることは,フィラリア症における寄生体・宿主相互関係を理解する上で重要である.われわれは,虫体内のアレルゲン量を正確に測定できるSingle Radial Immunodiffusion法を開発した.犬フィラリア由来の精製アレルゲンを, Freundの完全アジュバントと共に,ラットに何度も免疫し,精製アレルゲンに対するMonospecificな抗体を作製した.この抗体を含む寒天ゲルをガラス板上に重層し,円柱状の穴をあけて,測定すべき材料を注入した.寒天ゲル内で形成された円形沈降帯の面積, πR^2はアレルゲン量と正確に比例し,この方法が,フィラリア虫体内に含有するアレルゲン量を正確に測定する方法であることを証明した. / The method for determination of the exact allergen concentration in Dirofilaria immitis was reported. The highly purified allergen obtained from D. immitis was repeatedly injected to rats with Freund's complete adjuvant and the monospecific antibody against the allergen was got from the rats hyperimmunized. The present experiment showed that the method of single radial immunodiffusion by the use of the monospecific antibody against the allergen determined the exact allergen concentration. The area πR^2 of a precipitation circle, which developed in anti-allergen serum-containing agar gel layer when allergen diffused into this layer, was proved to be directly proportional to the amount of the allergen used.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4361
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4361

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace