DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第4号 >

1982年タイ国チェンマイ地区における脳災のウイルス学的疫学的調査 : VI.動物における抗体価調査


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_04_02_t.pdf561.71 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1982年タイ国チェンマイ地区における脳災のウイルス学的疫学的調査 : VI.動物における抗体価調査
その他のタイトル: Virological and Epidemiological Studies on Encephalitis in Chiang Mai Area, Thailand, in the Year of 1982 : VI. Antiboody survey on animals
著者: 緒方, 隆幸 / 五十嵐, 章 / 藤田, 宣哉 / CHANYASANHA, Charnchudhit / PEERAKOME, Supatra / SUPAWADEE, Jiraporn
著者(別表記) : Ogata, Takayuki / Igarashi, Akira / Fujita, Nobuya / Chanyasanha, Charnchudhit / Peerakome, Supatra / Supawadee, Jiraporn
発行日: 1983年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(4). p183-188, 1983
抄録: 種々の脊椎動物血清中の日本脳炎(JE)ウイルスに対する抗体保有状況を血球凝集抑制反応を用いて調査した.ブタ,ウマ,ラバ,ヒツジ,イヌは高率にJEに対する抗体を保有しているのに対して,サル,アヒル,スズメの抗体保有率は低く,ニワトリとトカゲは調査した限り抗体は陰性であった.ブタ血清について免疫酵素測定法を行なった結果,採血したブタの約3分の1はJEウイルスの新鮮感染を受けたと考えられる. / Antibody prevalence against Japanese encephalitis (JE) virus among various vertebrates was measured by the hemagglutination-inhibition (HI) test. Swine, horse, mule, sheep, and dog possessed anti-JE antibodies at high rates. On the other hand, antibody prevalence among monkey, duck and sparrow was low, and chicken and lizard did not have anti-JE antibodies as far as tested. Enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) on swine sera revealed that almost one-third of the swine population appeared to have recently been infected with JE virus.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4363
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4363

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace