DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第4号 >

1982年タイ国チェンマイ地区における脳炎のウイルス学的疫学的調査. : VIII.総括.


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_04_04_t.pdf609.06 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1982年タイ国チェンマイ地区における脳炎のウイルス学的疫学的調査. : VIII.総括.
その他のタイトル: Virological and Epidemiological Studies on Encephalitis in Chiang Mai Area, Thailand, in the Year of 1982 : VIII. Summary and conclusion
著者: 五十嵐, 章
著者(別表記) : Igarashi, Akira
発行日: 1983年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(4). p199-203, 1983
抄録: 1982年タイ国チェンマイ地区における脳炎のウイルス学的疫学的調査の総括は下記の通りである.(1)デング出血熱は主にチェンマイ市に発生しているのに対して脳炎はチェンマイ県全体により広く発生していた.(2)脳炎患者の約半数は日本脳炎(JE)であると思われるが,小数はデングウイルスによる脳症と推察された.(3)免疫酵素測定法(ELISA)によりJE抗原に対するIgM抗体を測定する事はJEとデングの鑑別上有効な場合があった.(4)12年前に報告された結果と比較して,デングウイルスの感染がチェンマイ地区において拡大していると思われる.1982年チェンマイ地区の流行は1型を主体とするものであった.(5)チェンマイ県の北部はメコン河流域に属し,チェンマイ渓谷に属する他の地域に比ベフラビウイルスに対する抗体価保有状況が有意に低かった.(6)JE患者数に比べ媒介蚊のウイルス保有率が極めで低かったが,IgM-ELISAの結果からブタの約3分の1は調査時点においてJEウイルスの新鮮感染を受けていたと推察される.(7)山地民族がいかにしてJEウイルスの感染を受けるのかは今後研究すべき課題と考えられる. / Virological and epidemiological studies performed in Chiang Mai in 1982 could be summarized as follows: (1) Dengue hemorrhagic fever (DHF) cases were observed mainly in Chiang Mai City, while encephalitis cases were observed more widely over Chiang Mai Province. (2) Almost half of the encephalitis appeared to be Japanese encephalitis (JE), although some cases were considered as dengue encephalopathy. (3) Enzyme-linked immunosorbent assay to measure IgM-antibodies against JE antigen helped to differentiate JE from dengue infection. (4) Dengue virus infection apparently become more prevalent in the study area compared with 12 years ago, and type 1 virus was the principal type of the virus circulating in Chiang Mai in 1982. (5) Northernmost part of Chiang Mai Province showed lower prevalence of flavivirus antibodies compared with Chiang Mai Valley. (6) Infection rate of vector mosquitoes with JE virus was low, compared with the number of apparent JE cases, although one-third of swine population possessed IgM antibodies against JE virus, (7) Infection of Hill Tribe People by JE virus remains to be elucidated in future studies.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4365
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4365

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace