DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第4号 >

タイ国の寄生虫相 : 5.哺乳動物寄生マダニと新種Ixodes siamensisとRhipicephalus tetracornusの記載


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_04_05_t.pdf1.39 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: タイ国の寄生虫相 : 5.哺乳動物寄生マダニと新種Ixodes siamensisとRhipicephalus tetracornusの記載
その他のタイトル: Studies on the Parasite Fauna of Thailand : 5. Parasitic ticks on mammals and description of Ixodes siamensis sp. n. and Rhipicephalus tetracornus sp. n. (Acarina: Ixodidae)
著者: 北岡, 茂男 / 鈴木, 博
著者(別表記) : Kitaoka, Shigeo / Suzuki, Hiroshi
発行日: 1983年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(4). p205-219, 1983
抄録: タイ国のマダニはこれまで10属53種が知られ,1978,1979年,4地点で採集した13種の哺乳動物と人からOrnithodoros 1種,Dermacentor 1種,Haemaphysalis 4種,Ixodes 3種,Rhipicephalus 2種などを記録した.その中タヌキマダニI. tanukiが新記録,I. siamensisとRh. tetracornusを新種として記載した.I. siamensisはヤマトマダニI. ovatus唯一を含んでいたPaltipalpiger亜属の2番目の種である.Rh. tetracornusはRattus nitidusから得られた飽血若ダニから1♂,1♀が脱皮し,成ダニは顎体部の腹面復縁に,背面の角状体に類似する顕著な突出部を有する. / About twelve species of parasitic ticks on Thai mammals were recorded. Ixodes siamensis sp. n. is the second species of the subgenus Paltipalpiger. The adults of Rhipicephalus tetracornus sp. n. reared from engorged nymphs infesting on Rattus nitidus is morphologically characteristic due to its pronounced cornua-like projection on the posterior margin of basis capituli ventrally.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4366
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4366

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace