DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第4号 >

ウサギの発熱・解熱過程における体温調筋反応


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_04_08_t.pdf830.11 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ウサギの発熱・解熱過程における体温調筋反応
その他のタイトル: Effects of pyrogen and antipyretic on thermoregulatory effector functions in rabbits
著者: 小坂, 光男 / 大渡, 伸 / 岩元, 純 / 藤原, 真理子 / 土屋, 勝彦 / 范, 育仁 / HW, Soeliadi
著者(別表記) : Kosaka, Mitsuo / Ohwatari, Nobu / Iwamoto, Jun / Fujiwara, Mariko / Tsuchiya, Katsuhiko / Fan, Yu-Jen / Hw, Soeliadi
発行日: 1983年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(4). p243-250, 1983
抄録: ウサギのLPS-pyrogenによる発熱曲線の解析やsulpyrine解熱過程における体温調節反応について次の結果を待た。a)正常ウサギにsulpyrine静注しても,直腸温,呼吸数,耳介皮膚温,酸素消費量などの体温調節反応に有意な変化を認めない.b)正常ウサギの直腸温と視床下部温はほぼ平行推移するがLPS-pyrogen静注による発熱初期やsulpyrine解熱初期には直腸温と視床下部温の間には顕著な解離があり,特に視床下部温低下および脳温・脳血流・脳代謝との相関について検討する必要がある.c)sulpyrine解熱過程にみる熱放散反応(耳介皮膚温上昇およびpantingの出現)と同時に誘起する熱産生反応(酸素消費量の増加)の所見を下記の如く解釈している.即ち,ヤギの視床下部温低下(39℃→37℃)の過程で熱産生反応と呼吸性熱放散が同時に誘発されるとの報告の如く,本研究におけるLPS-pyrogen発熱ウサギのsulpynne解熱時に誘起された酸素消費量の増加は,pyrogenとsulpyrineの中枢性・末梢性・温・冷ニューロンヘの相乗作用及び解熱過程にみる視床下部温低下が相加作用した結果,体温調節反応系に誤差信号が発生したと推測している.この解釈は視床下部における信号伝達の局所温依存性の概念に通じるものと考えている. / Effect of sulpyrine antipyretic on thermoregulatory effector functions was studied on conscious febrile rabbits. In LPS-pyrogen induced febrile rabbits, receiving sulpyrine by intravenous injection, there occurred a rapid fall in hypothalamic temperature differed significantly from the fall in retal temperature. And this dissociation of temperatiures between the PO/AH and rectum was succeeded not only by various evaprative heat loss such as thermal panting and peripheral cutaneous vasodilation, but metabolic heat production. This opposing, crossed thermoregulatory responses might be induced by the additive interaction between hypothalamic and extrahypothalamic temperature signals both being further modified in afferent cold-warm pathways, by local hypothalamic temperature as well as by chemical action between pyretic and antipyrtic in CNS.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4369
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4369

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace