DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第1号 >

日本とタイ国の日本脳炎流行地における健康住民の日本脳炎ウイルスとデングウイルス1型に対するIgG-ELISA抗体価


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_01_01_t.pdf849.6 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本とタイ国の日本脳炎流行地における健康住民の日本脳炎ウイルスとデングウイルス1型に対するIgG-ELISA抗体価
その他のタイトル: IgG-ELISA Antibody Titers against Japanese Encephalitis (JE) and Dengue Virus Type 1 among Healthy People in JE-endemic Areas in Japan and Thailand
著者: CHANYASANHA, Charnchudhi / 分藤, 桂子 / 五十嵐, 章
著者(別表記) : Chanyasanha, Charnchudhi / Bundo, Keiko / Igarashi, Akira
発行日: 1984年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(1). p1-9, 1984
抄録: 日本脳炎流行地である日本の熊本県とタイ国のチェンマイにおける健康住民の日本脳炎ウイルス(JE)とデングウイルス1型(D1)に対する抗体価を免疫酵素測定法(ELISA)により測定した.熊本の検体のD1に対するIgG-ELISA抗体価はJEに対する価に比べて低値側に分布し,わずかに50才以上の検体がD1に対し高い値を示したにすぎなかった.一方チェンマイの成人はJEとD1両抗原に対しほぼ同程度のIgG-ELISA抗体価を保有していた. / Antibody titers against Japanese encephalitis (JE) and dengue virus type 1 (Dl) were measured by enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) among healthy people in JE-endemic areas in Japan (Kumamoto Prefecture) and Thailand (Chiang Mai Province). The IgG-ELISA titers against Dl in Kumamoto distributed in lower range as compared with those against JE, although some people over 50 years of age possessed relatively high IgG-ELISA titers against Dl antigen. On the other hand, adult people in Chiang Mai possessed similar titers against these two antigens as measured by IgG-ELISA.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4370
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4370

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace