DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第1号 >

Dirofilaria immitisミクロフィラリア感染マウスに於けるDiethylcarbamazine投与時のIHA titerの変動


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_01_02_t.pdf541.98 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Dirofilaria immitisミクロフィラリア感染マウスに於けるDiethylcarbamazine投与時のIHA titerの変動
その他のタイトル: The Change of the Indirect Hemagglutination Titers in Mice Infected with Dirofilaria immitis Microfilariae following the Administration of Diethylcarbamazine
著者: TRANGAY, Maria de Lourdes Aracely LUJAN / 坂本, 信 / 嶋田, 雅暁 / 木村, 英作 / 青木, 克己
著者(別表記) : Trangay, Maria De Lourdes Aracely Lujan / Sakamoto, Makoto / Shimada, Masaaki / Kimura, Eisaku / Aoki, Yoshiki
発行日: 1984年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(1). p11-15, 1984
抄録: Dirofilaria immitisミクロフィラリア30,000隻を6匹のICRマウスのソ径部皮下に毎週1回10週間接種後DEC 300mg/kgで3日間治療した.DEC投与前のIHA titerの最高値は1:240であったが投与後1週目よりtiterは上昇し始め4週目には全てのマウスが最高値(4匹は1:960,2匹は1:480)を示し6週までの観察期間ではtiterは最高値を維持した. / About 30,000 microfilariae of D. immitis were inoculated into ICR mice subcutaneously. The mice were injected with DEC at 300mg/kg/day for 3 consecutive days, then the IHA test was carried out until 6 weeks after DEC treatment. Before DEC treatment, the IHA titers in two of six mice was 1:240 and those in the other four was 1:120. One week after DEC treatment, the IHA titer began to rise in most mice and at 4 weeks, those in all mice reached maximum. During the observation period, the maximum titers in four of six mice was 1:960 and those in the remaining two was 1:480.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4371
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4371

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace