DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第1号 >

トカラ列島の医動物学的研究-中ノ島のApodemusの外部寄生虫の記録


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_01_03_t.pdf906.77 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: トカラ列島の医動物学的研究-中ノ島のApodemusの外部寄生虫の記録
その他のタイトル: Medico-zoological Studies in Tokara Archipelago, Kagoshima Prefecture, Japan-Records of Acari and Flea Found on an Apodemus mouse on Nakanoshima Island Comprising the Archipelago
著者: 内川, 公人 / 鈴木, 博
著者(別表記) : Uchikawa, Kimito / Suzuki, Hiroshi
発行日: 1984年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(1). p17-25, 1984
抄録: 著者の一人鈴木はトカラ列島から未記録であったApodemus属のネズミを中ノ島で多数採集した.本報では,このネズミの体表に認められた外部寄生虫を記録した.また,同時に採集された付着便乗種をも併わせて示した.両者をあわせた種類数は,ノミ類1,ダニ類3亜目9科12属に属す13の合計14であった(Table 1).寄生ダニ煩が,これまで本邦各地でアカネズミから記録されてきた種類と共通していることから,トカラ列島ではじめて見つかった宿主のApodemusは,アガネズミA. speciosusであろうと考える.なお,ノミ類の1種Neopsylla specialisとアシボンダニの1種Haemogamasus quadrisetatusの1型は,本邦未記録であったので,形態を示した.これらの外部寄生虫は,宿主の分布域の地理的分布の特徴を反映する東洋区の節足動物であろうと考える. / Acari and a flea taken from an Apodemus mouse newly found on Nakanoshima Island, Tokara Archipelago, Kagoshima Prefecture, Japan, were recorded. Such the permanent parasites of the mouse as Myobia nodae Matuzaki and Afrolistrophorus apodemi Fain are suggestive of the host mouse being conspecific with Apodemus speciosus. Morphological accounts are given for a from of Haemogamasus quadrisetatus Vitzthum and Neopsylla specialis Jordan new to Japan, which are thought to be the faunal compornents of the Oriental region.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4372
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4372

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace