DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第2号 >

アンモニア性銀溶液の爆発防止法


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_02_07_t.pdf1.25 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: アンモニア性銀溶液の爆発防止法
その他のタイトル: Preventive Method for Possible Explosion of Used Ammoniacal Silver Nitrate Solution : Treatment of waste fluid derived from histopathological staining
著者: 千馬, 正敬 / 板倉, 英世 / 山下, 裕人
著者(別表記) : Senba, Masachika / Itakura, Hideyo / Yamashita, Hiroto
発行日: 1984年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(2). p93-96, 1984
抄録: アンモニア性銀溶液は病理組織切片の細網線維染色のために世界に広く使用されている.しかしながら,組織染色に使用したアンモニア性銀溶液は黒色の雷酸銀が生成され爆発することがある.この危険は同染色に使用するチオ硫酸ナトリウムを等量,アンモニア性銀溶液の中に加えることにより爆発物質である雷酸銀の生成を未然に防止できる. / The ammoniacal silver nitrate solution has been routinly used widely for the purpose of staining of reticulum fibers. However, the used ammoniacal silver nitrate solution may cause explosion due to formation of blackish silver fulminate. (AgONC) in the solution. This possible danger could be prevented by addition of an equal volume of the used sodium thiosulfate into the used ammoniacal silver nitrate solution.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4383
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4383

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace