DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第3号 >

正常および除脳ウサギの脊髄温度刺激こよる酸素消費量の変化


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_03_01_t.pdf954.99 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 正常および除脳ウサギの脊髄温度刺激こよる酸素消費量の変化
その他のタイトル: Effects of Thermal Stimulation of Spinal Cord on Oxygen Consumption in Intact and Decerebrated Rabbits
著者: 小坂, 光男 / 藤原, 真理子 / 范, 育仁 / 大渡, 伸 / 岩元, 純 / 高羽, 祥三 / 磯部, 芳明
著者(別表記) : Kosaka, Mitsuo / Fujiwara, Mariko / Ohwatari, Nobu / Iwamoto, Jun / Fan, Yu-Jen / Takaba, Shyozo / Isobe, Yoshiaki
発行日: 1984年 9月29日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(3). p97-105, 1984
抄録: 視床下部外中枢温度感受性の概念に立脚して,無麻酔・弱拘束条件下で,正常および除脳ウサギに選択的脊髄温度刺激を加えて誘発される体温調節反応,特に熱産生反応に関する酸素消費量の変化を観察・記録し次の結果を得た.(1)平常環境で正常ウサギの平均酸素消費量は8.8ml/kg・min,除脳ウサギのそれは9.8ml/kg・minを示した.(2)除脳ウサギの選択的脊髄冷却で酸素消費量の平均増加率は17.3%,脊髄加温状態からの急峻な冷却では19.0%の増加率を示した.(3)除脳ウサギの脊髄加温での平均増加率は8.8%,脊髄冷却状態からの急峻な加温では,逆に12.0%の減少を示した.(4)これらの結果と,同様な実験条件下で正常ウサギから得られた酸素消費量変化との間に統計的に有意な差異を示さなかった.以上の研究結果から,脊髄温度刺激効果は視床下部を介することなく,中脳一橋,延髄,脊髄といった視床下部外中枢温度感受性組織における体温調節中枢機構に直接的に作用すること,これは進化過程からみて体温が中枢神経幹軸の階層状機構によって調節されていることを示唆する. / 1. The effects of thermal stimuli applied to spinal cord on oxygen consumption have been compared in intact and decerebrated rabbits. In both groups, changes of oxygen consumption induced by cooling and heating of spinal cord were consistent. 2. Mean value of oxygen consumption was 8.8ml/kg・min in intact rabbits. It was 9.8 in decerebrated rabbits. 3. In decerebrated rabbits, mean increase in percentage of oxygen consumption was 17.3% when spinal cord was cooled from normal state. It was 19.0% if a heated spinal cord was cooled suddenly. 4. When spinal cord was heated from the normal condition, the oxygen consumption was increased by 8.8% but using a cooled spinal cord brought -12.0% increase in oxygen consumption. 5. The data obtained from normal rabbits in similar experiment were almost the same. 6. From the present results, following tentative conclusion can be drawn: a) thermal stimuli applied to spinal cord have an important effect on pontine, medullary and spinal thermoregulatory centres. b) these centres are effective without the aid of hypothalamus. c) body temperature is hierarchically regulated in the process of evolution.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4384
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4384

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace