DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第3号 >

肝炎・肝硬変および肝癌に経る相互関係の統計による分析


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_03_03_t.pdf617.21 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 肝炎・肝硬変および肝癌に経る相互関係の統計による分析
その他のタイトル: Statistic Analysis of Relationships between Hepatitis B Surface Antigen, Cirrhosis and Hepatocellular Carcinoma
著者: 千馬, 正敬 / 中村, 剛 / 板倉, 英世
著者(別表記) : Senba, Masachika / Nakamura, Tsuyoshi / Itakura, Hideyo
発行日: 1984年 9月29日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(3). p117-122, 1984
抄録: ケニア国の剖検例の肝臓を用いて,肝炎・肝硬変および肝癌とB型肝炎ウイルスの相互関係を統計により分析を試みた. B型肝炎ウイルスの感染が全体に29%,肝硬変に69%,肝癌に82%の割合で存在することが解った.統計による分析の結果,肝炎・肝硬変および肝癌の相互関係は高い相関が認められた. / Hepatocellular carcinoma becomes clinically manifest after cirrhosis has been well formed, and the major factor predisposing hepatocellular carcinoma in a population appears to be the presence of cirrhosis caused by chronic hepatitis B virus infection in that population. Co factors in hepatocarcinogenesis such as foodstuffs contaminated by aflatoxin, probably play a secondary role in the development of hepatocellular carcinoma even a country like where Kenya occurs in a high incidence of chronic hepatitis B virus infection. Therefore, we tried statistically to confirm the above hypothesis using iver specimens obtained from Kenya, and verified significant associations between hepatitis B surface antigen, cirrhosis and hepatocellular carcinoma.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4386
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4386

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace