DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第3号 >

ケニア国における毒素原性大腸菌の感染状況


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_03_05_t.pdf890.25 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ケニア国における毒素原性大腸菌の感染状況
その他のタイトル: A Study on Enterotoxigenic Escherichia coli Infection in Kenya
著者: 渡邊, 繁徳 / 江原, 雅彦 / 一瀬, 休生 / 霜鳥, 翔一 / KIBUE, Ali M. / SANG, Florence C. / NGUGI, James
著者(別表記) : Watanabe, Shigenori / Ehara, Masahiko / Ichinose, Yoshio / Shimotori, Shoichi / Kibue, Ali M. / Sang, Florence C. / Ngugi, James
発行日: 1984年 9月29日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(3). p137-145, 1984
抄録: ケニア国においてモンバサ市の小児下痢患者と農村部(KwaleとSouth Nyanza)の健康住民を対象に毒素原性大腸菌(ETEC)の感染状況を調査した. 782大の下痢患者のうち47例(6.0%)からETECが分離され,病原性大腸菌(EPEC),カンピロバクター・ジェジュニに次いで三番目に多い腸管病原菌であった.うち24例は耐熱性毒素(ST)産生株, 21例は易熱性毒素(LT)産生株,残る2例は両毒素産生株によるものであった.またETEC感染例のうち10例からは同時に他の腸管病原菌も分離された.一方, 196人と468大計664大の健康住民からは6例と14例計20例(3.0%)からETECが検出され, EPEC 12.8%に次ぐものであった.そのうち7例はLT産生株, 12例がST産生株,残り1例は両毒素産生株の保菌者であった.ケニアにおいてもETECは小児の下痢症原因菌として重要であり,またその健康人保菌者も存在することが明らかとなった. / The existence of enterotoxigenic Escherichia coli (ETEC) was studied on children with diarrhea in Mombasa and healthy inhabitants in two rural areas of Kenya in 1983. ETEC which was isolated from 6.0 per cent of rectal swabs (47/782) among the diarrheal children, was the thirdly predominant enteropathogen following enteropathogenic E. coli (EPEC) and Campylobacter jejuni. Out of 47 ETEC positive cases, heat labile enterotoxin (LT) and heat stable enterotoxin (ST) were detected in 21 and 24 cases respectively and producers of both toxins were proved in two cases. Ten out of 47 cases were also infected with other enteropathogens. On the other hand, among 664 healthy villagers 20(3.0%) carried ETEC, secondly noted pathogens following EPEC. Seven and 12 ETEC carriers were infested by LT and ST producers respectively, and only one case carried ETEC producing both oxins. This study clearly demonstrated that EXEC played a significant role as one of the leading agents of diarrheal children and carriers among healthy individuals in Kenya.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4388
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4388

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace