DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第4号 >

1983年タイ国チェンマイにおける脳炎のELISAによる血清診断


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_04_01_t.pdf871.79 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1983年タイ国チェンマイにおける脳炎のELISAによる血清診断
その他のタイトル: Serodiagnosis by the ELISA on Encephalitis in Chiang Mai, Thailand, 1983
著者: GHANYASANHA, Charnchuahi / 分藤, 桂子 / 五十嵐, 章 / SUPAWADEE, Jiraporn / CHIOWANICH, Pien
著者(別表記) : Chanyasanha, Charnchudhi / Bundo, Keiko / Igarashi, Akira / Supawadee, Jiraporn / Pholprasert, Boonsom / Chiowanich, Pien
発行日: 1984年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(4). p147-156, 1984
抄録: 1983年の流行期にタイ国チェンマイにおいて114例の脳炎患者から採血した142検体の血清について日本脳炎(JE)とデングウイルス2型抗原に対する抗体価をELISAによって測定した結果,IgM-ELISAによって17例はJE,12例は多分デング脳症と診断された.JEの年令分布は10-14才にピークを示したが,デング脳症は10-49才とより高年令側に分布した.JE抗原に対する間接IgG-ELISAによって26例はフラビウイルスの2次感染と考えられ,その年令分布は10-14才に最も多く存在した. / One hundred forty two serum specimens from 114 encephalitis cases in Chiang Mai, Thailand collected during epidemic period in 1983, were measured for their antibody titers against Japanese encephalitis (JE) and dengue virus type 2 antigens by the ELISA. Seventeen cases were diagnosed as JE, while 12 were considered as possible dengue encephalopathy by IgM-ELISA. Age distribution of JE cases showed its peak in the group of 10-14 years old, while possible dengue encephalopathy distributed from 10 up to 49 years old. Indirect IgG-ELISA using JE antigen detected 26 cases of secondary flavivirus infections, with highest incidence in 10-14 years old.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4389
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4389

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace