DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第4号 >

Trypanosoma gambienseの抗原変異について : I.感染家兎に再発する抗原変異型原虫に対する抗体の検出。


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_04_03_t.pdf791.09 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Trypanosoma gambienseの抗原変異について : I.感染家兎に再発する抗原変異型原虫に対する抗体の検出。
その他のタイトル: Antigenic Variation of Trypanosoma gambiense : I. Tracing of antibodies against antigenic variants relapsing in an infected rabbit
著者: 福間, 利英 / 神原, 廣二 / 宮本, 彦四郎 / 新家, 荘平 / 中林, 敏夫
著者(別表記) : Fukuma, Toshihide / Kanbara, Hiroji / Miyamoto, Hikoshiro / Shinka, Sohei / Nakabayashi, Toshio
発行日: 1984年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(4). p165-172, 1984
抄録: Trypanosoma gambiense感染家兎での変異型原虫の出現様式を検討した.抗原型についてオリジナルな型をTg-0とし,Tg-0クローンをdd0マウスに感染させ,そのマウスに抗原変異型原虫(Variant)をTg-0から派生させた.派生してきたVariantの変異抗原型(VAT)を,Tg-0感染家兎より2~3日おきに連続して得られた一連の血清を用いて,凝集反応により決定した.この一連の家兎血清でVariantのVATを同定することはVariantを用いてVATに対する家兎血清中の抗体を検出することにもなる.以上のことを500匹のマウスについて行ったが,結果としてTg-0以外に,特異性の異なる27のVATを得た.このことはこれら27のVATに対する抗体が上記Tg-0感染家兎血清に検出されたことになる.Tg-0感染9日目の血清には5種,11日目のものには2種,14日目16日目そして18日目の血清にはそれぞれ4種のVATに対する抗体が新しく検出された.500匹のマウスに初再発として派生してきたVariantには,特別に二種のVATが他を圧して高頻度に表現されており,これら二種のVATに対する抗体は家兎血清中にも抗Tg-0抗体の次に最も早く検出された. / Mode of relapse of Trypanosoma gambiense (Tg) was studied. Antigenic variants were derived from a Tg clone of original antigen type (Tg-O) in 500 ddO mice as the first relapse. Variable antigenic type (VAT) of those variants was determined by agglutination tests with a series of rabbit sera taken from a Tg-O infected rabbit every 2-3 days along the time course of infection. In VAT determination procedure, antibodies in the rabbit sera were traced with those variants derived in mice. Immunologically distinct 27 VATs except Tg-O were isolated and consequently antibodies against them were detected in the rabbit sera. Antibodies against 5 and 2 different VATs were newly detected in the rabbit serum sample collected on day 9 and 11 respectively and antibodies against 4 VATs, on day 14, 16 and 18. In the first relapse in mice two particular VATs were most predominantly expressed and homologous antibodies to them were detected in the rabbit sera in the earliest next to anti-Tg-O antibodies.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4391
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4391

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace