DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第4号 >

アルボウイルスの地理的分布に関する仮説


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_04_04_t.pdf726.22 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: アルボウイルスの地理的分布に関する仮説
その他のタイトル: A Hypothesis on the Geographical Distribution of Arboviruses
著者: 五十嵐, 章
著者(別表記) : Igarashi, Akira
発行日: 1984年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(4). p173-179, 1984
抄録: 実験室および自然界においてアルボウイルスに感染した蚊または蚊の培養細胞に関する観察から,世界において互に関連性をもっている数多くのアルボウイルスの地理的分布を説明し得る仮説が導かれた.「生物学的フイルター」と呼ぶこの仮説は,アルボウイルスのRNA遺伝子に高頻度で起る突然変異と,アルボウイルスが脊椎動物と節足動物という系統発生的に遠く離れた2つの宿主で交互に増殖する事によってウイルス集団に及ぼされる2種類の相異なる撰択圧力を組合せて考慮するものである.アルボウイルスが自然界でこのような増殖形態をとる結果,その増殖過程で高頻度の突然変異が生ずるにもかかわらずウイルス集団としては或る限られた範囲の変化しか起り得ない事になる.地球上のいろんな地域に生息する節足動物および脊椎動物はそれぞれ異っているから,地理的に異なる地域でアルボウイルスに加えられる撰択圧力も異っていると考えられる.従って,アルボウイルスの起源は一種ないしは限られた数種であったものが,幾多の増殖過程を経る間にいろんな方向に分散的に変異した結果,今日地球上のいろんな地域にはそれぞれ関連性はあるが異なる種類のアルボウイルスが存在するようになったと考てられる.アルボウイルスが節足動物と脊椎動物で増殖する間に数え切れない位の突然変異が起るであろうが,そのうちの限られたものだけがある地域に存在する節足動物と脊椎動物の双方で他のものよりも有利な条件を有していた結果進化の過程において生き残ったのであろう.この仮説によって,現在地球上のいろんな地域にはそれぞれ関連性は有するが別のアルボウイルスが分布している理由を説明することができる. / Observations on cultured mosquito cells or whole mosquitoes infected with arboviruses in laboratories and in nature led to a hypothesis which might well explain the geographical distribution of various but related arboviruses in the world. The hypothesis of "biological filter" takes into consideration of the high mutation rate of RNA genome combined with 2 different kinds of selective pressures which could be conferred on the virus population by alternative growth in 2 phylogenetically remote hosts, that is vertebrates and arthropods. Such a mode of virus growth could result in a limited range of variation of the virus in spite of the high rate of mutations during growth cycles in both hosts. Since different species of arthropods or vertebrates have been existing in different parts of the world, the selective pressures on arboviruses in various geographical areas could have been different. Thus, arboviruses, which might have originated from a single or limited numbers of ancestor(s) could have diverted, through enormous generations of growth cycles, into many related but different species existing in different geographic areas of the world at present. Although the viruses coud have undergone vast numbers of mutations through their growth in vertebrates and arthropods, only a certain range of selected mutants could have survived the evolutional process, when they possessed selective advantages to grow both in vertebrate hosts and arthropods vectors living in that area. The hypothesis appears to explain the reason why there are so many different but related arboviruses in the world now, possessing their own geographical distributions.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4392
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4392

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace