DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第4号 >

ウサギ橋下部の体温調節中枢としての意義


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_04_05_t.pdf430.5 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ウサギ橋下部の体温調節中枢としての意義
その他のタイトル: Are there any Differences in the Task of Cold Defense Mechanisms Between Hypothalamic and Extrahypothalamic Centers in Body Temperature Regulation?
著者: 岩元, 純 / Ye-Win / 范, 育仁 / 小坂, 光男 / 高羽, 祥三 / 磯部, 芳明
著者(別表記) : Iwamoto, J. / Ye-Win / Fan, Yu-Jun / Kosaka, M. / Takaba, Shyozo / Isobe, Yoshiaki
発行日: 1984年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(4). p181-185, 1984
抄録: 橋中央部除脳ウサギ(三叉神経起始部より頭側で切断)について,無麻酔下に環境温の変化による冷刺激を与え,直腸温,耳介皮膚温・酸素消費量の判定を行った.除脳ウサギの耳介皮膚温低下は正常群に比して大であり,前回報告した脊髄冷却時の反応とは逆の結果が得られた.酸素消費量の増加は除脳ウサギで変化が少なく正常群の約半分であった.このことも前回の結果とは異っており,即ち冷刺激が脊髄に与えられた時の酸素消費量の増加は除脳群・正常群の間で有意の差がなかった.除脳による上位中枢からの入力の消失によって生じたこれらの変化を説明するためには,いくつかの推論が考えられる.最初に耳介皮膚温の低下については1)脊髄からの冷入力により惹起される反応よりも皮膚からの入力による反応の方が橋下部においては優勢である.2)上位中枢から橋下部に対しては体温調節反応の抑制性の入力があるため,除脳によりこれらの反応が亢進する.の2つの仮定がなされうる.次に酸素消費量の増加については,脊髄からの入力のみでも,ほぼ充分な効果器の作用発現が認められるが,皮膚入力が加われば,上位中枢を介する促進が行なわれるものと考えられる. / To determine the responsibility of lower pons as a extrahypothalamic thermoregulatory center, midpontine decerebration was made on unanesthetized rabbits continuously measuring rectal and skin temperature and oxygen consumption. Cold air stress induced remarkable drop of ear temperature in midpontine rabbits, while less drop was observed in normal rabbits. Oxygen consumption during skin cooling increased up to 37% in normal rabbits and only 16% in midpontine rabbits. Rectal temperature raised by 2.0-2.5℃ in both groups, which is interpreted as an excess of heat gain. The difference in origins of excessing heat gain between midpontine and normal rabbits are further discussed in the text.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4393
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4393

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace