DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第4号 >

ウサギ静脈内及び側脳室内へのLPS pyrogen投与による発熱曲線の解析


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_04_06_t.pdf337.48 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ウサギ静脈内及び側脳室内へのLPS pyrogen投与による発熱曲線の解析
その他のタイトル: An Analysis of Fever-curves due to the Intravenous vs. Intraventricular Administration of LPS Pyrogen in Rabbits
著者: 藤原, 真理子 / 范, 育仁 / 小坂, 光男 / Ye-Win
著者(別表記) : Fujiwara, Mariko / Fan, Yu-Jen / Ye-Win / Kosaka, Mitsuo
発行日: 1984年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(4). p187-190, 1984
抄録: 大腸菌由来のlipopolysaccharide (LPS)を用いて,ウサギの発熱曲線の解折を行った.ウサギに体重1kgあたり0.2μgのLPS pyrogenを耳介皮膚血管から静脈内投与すると,10分から30分の短い潜時ののちに,二峰性の発熱が観察された.ところが,同濃度のpyrogenの側脳室への直接注入では,約1時間の潜時で,直腸温の上昇も1.5℃から2.0℃と,pyrogen静注時に比較すると高い一峰性の発熱が生じた.投与部位の差異による発熱パターンの違いから,LPS pyrogenの作用部位とその働きについて考察を加えた. / Fever-curves were compared on response to injection of bacterial pyrogen into conscious rabbits using different routes of administration. Intravenous application of 0.2μg/kg LPS pyrogen to the rabbit was characterized by biphasic fever after a short delay of 10 to 30 minutes. However, monophasic fever developed when same dosage of LPS was administrated into the lateral-ventricular region. Its latency of fever onset was about 60 minutes with rectal temperature elevating by 1.5 to 2.0℃, and these febrile states continued for more than 5 hours. Based on these results, sites of pyrogen action and their underlying mechanisms were discussed in this paper.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4394
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4394

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace