DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第26巻 第4号 >

暑熱順化に関する研究(第2報) : 熱帯地住民の発汗反応


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm26_04_07_t.pdf433.3 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 暑熱順化に関する研究(第2報) : 熱帯地住民の発汗反応
その他のタイトル: Studies on Heat Adaptation (Report II) : Sweating responses of tropical inhabitant
著者: 范, 育仁 / 大渡, 伸 / 小坂, 光男 / Ye-Win
著者(別表記) : Fan, Yu-Jen / Ohwatari, Nobu / Kosaka, Mitsuo / Ye-Win
発行日: 1984年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 26(4). p191-195, 1984
抄録: 暑熱適応の形成過程を解析する目的で,人工気象室(温度:28℃,湿度60%)中で,皮膚局所加温刺激-ヒトの両側下肢を43℃の循環温水に30分間浸水負荷-によって誘発される前胸部発汗反応をサーモグラフィ装置を使って観察した.被験者Y(ビルマ人・男性)は実験の2ケ月前に来日,被験者H(中国人・男性)はすでに8年間の長きに亘って日本に滞在していた。被験者Yにおいては,加温負荷後発汗開始までの潜時は13.08分を記録,一方,被験者Hのそれは6.15分であった.被験者Yの初期口腔温と初期前胸皮膚温は共に被験者Hのそれらの値に比較して有意な低値を示した.これらの結果から,短期間の暑熱順化に対比して長期間の暑熱順化に関する討論が加えられた. / For analysis of "Heat Adaptation" process, the sweating reaction of the chest skin during immersion of the lower limbs under 43℃ circulating water for half an hour was studied on 2 subjects using thermography in an environmental control chamber (28℃, 60%). One was a Burmese male recently arrived in Japan (subject Y). The other was a Chinese subject stayed 8 years here (subject H). The time lag before onset of sweating was 13.08 minutes after heat load application in the first subject and merely 6.15 minute in the second subject. The initial oral temperature and skin temperature were found to be significantly lower in subject Y compared with subject H. The long term heat acclimatization process in contrast to short term heat acclimatization was discussed in this paper.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4395
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4395

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace