DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第1号 >

薄層クロマトグラフィーによるオルセイン色素の分析およびB型肝炎ウィルス染色に於る非特異的反応について


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_01_02_t.pdf330.06 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 薄層クロマトグラフィーによるオルセイン色素の分析およびB型肝炎ウィルス染色に於る非特異的反応について
その他のタイトル: Analysis of Orcein Dye for Hepatitis B Surface Antigen Staining by Using Thin Layer Chromatography and Mechanism of Non-specific Reactions
著者: 千馬, 正敬 / 戸田, ゆみ子 / 板倉, 英世 / 渡辺, 明朗
著者(別表記) : Senba, Masachika / Toda, Yumiko / Itakura, Hideyo / Watanabe, Akio
発行日: 1985年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(1). p9-12, 1985
抄録: B型肝炎ウィルス表層抗原染色において,オルセイン色素を一般的に使用する.オルセイン色素はメーカーやロット番号で染色性にかなり差があり,常時安定した結果を得ることがむずかしい.この理由はオルセイン色素が14種類の組成よりなるためである.我々は薄層クロマトグラフィーを用いてオルセイン色素の分析を試みた.展開溶媒は100%アセトンと28%アンモニア水を9:1の割合で行った.この結果,純粋な単一成分ではなく約10種類の組成からなることが解った.また,B型肝炎ウィルス表層抗原染色に於る非特異的反応については,負に荷電するオルセイン色素によるのではないかと考察した. / About ten analogs comprising orcein dye have been separated using thin layer chromatography. The orcein dye spotted on reverse phase thin layer chromatography plates were developed with a solution of 100% acetone 9 parts, 28% ammonium hydroxide 1 part. The orcein dye has different staining properties from lot to lot, causing difficulty in obtaining stable and satisfactory results. As the results, different orcein analogs sometimes give different results. If the orcein dyes contain negatively charged dye, protein reacts with it because of coupling of the electric charge. Therefore, it is suggested that the orcein dye should be selected.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4397
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4397

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace