DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第1号 >

ビルマ,ラングーンにおけるデング出血熱患者血清中のデングおよび日本脳炎抗体価


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_01_05_t.pdf1.31 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ビルマ,ラングーンにおけるデング出血熱患者血清中のデングおよび日本脳炎抗体価
その他のタイトル: Dengue and Japanese Encephalitis Antibody Levels in Sera from Dengue Haemorrhagic Fever Patients in Rangoon, Burma
著者: Linn, May La / 分藤, 桂子 / 五十嵐, 章 / Thein, Soe / Khin, Mi Mi
著者(別表記) : Linh, May La / Bundo, K. / Igarashi, A. / Thein, Soe / Khin, Mi Mi
発行日: 1985年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(1). p23-36, 1985
抄録: ビルマ,ラングーンにおけるデング出血熱患者から得られた168対の血清中のデングと日本脳炎ウイルスに対する抗体価を免疫酵素測定法(ELISA)と血球凝集抑制反応(HI)により測定した.IgG ELISAはデングと日本脳炎に交叉反応性が高く,対血清において有意の抗体価上昇を示す例も少ないために血清診断上あまり有用ではなかった.IgM捕捉ELISAではデング4型抗原を用い急性期の血清のみでも60.5%が陽性と判定された.対血清と4つの型のデング抗原すべてを用いた場合のIgM捕捉ELISAでは82.1%に陽性の結果が得られたが,すべての検体は日本脳炎に対するIgM ELISAは陰性であった.この結果,IgM捕捉ELISAは,単一血清でも判定が可能であること,迅速性,簡便性,日本脳炎のようにデングと関連性のある他のフラビウイルス感染症との鑑別の点で,従来のHIに優るデング感染の優れた診断法であると云える. / Enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) was compared with haemagglutination inhibition (HI) test for determination of anti-dengue and anti-Japanese encephalitis (JE) antibodies in paired sera from 168 patients with clinical diagnosis of dengue haemorrhagic fever (DHF) in Rangoon, Burma. Using paired sera, HI serology gave 60.7% positive results. IgG ELISA antibodies showed cross reaction between dengue and JE, and also not so efficient to detect significant antibody rise. By IgM capture ELISA 60.5% positive results was obtained using acute sera and dengue 4 antigen alone for diagnosis. When paired sera and all 4 types of dengue were used, 82.1% positive results were obtained by the IgM-capture ELISA, and none of the test sera had diagnostic levels of IgM-ELISA antibodies against JE. The results showed that IgM capture ELISA is a useful method for rapid diagnosis of dengue infections and has advantages over HI in terms of its diagnostic efficiency even by a single serum specimen, rapidity, simplicity and differential diagnosis with other related flavivirus infections like JE.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4400
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4400

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace