DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第2号 >

過去5年間のインドネシアにおける飲料水の細菌学的研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_02_03_t.pdf683.33 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 過去5年間のインドネシアにおける飲料水の細菌学的研究
その他のタイトル: Further Detail Study of Bacteria from the Drinking Water in Indonesia for the Past Five Years
著者: 奥脇, 義行 / 矢内, 寿恵 / 豊, 経子 / 藤田, 紘一郎 / 月舘, 説子 / 黒川, 憲次 / 上田, 正勝 / 杉山, 雅俊 / 朝倉, 健夫
著者(別表記) : Okuwaki, Yoshiyuki / Yanai, Hisae / Yutaka, Kyoko / Fujita, Koichiro / Tsukidate, Setsuko / Kurokawa, Kenji / Ueda, Masakatsu / Sugiyama, Masatoshi / Asakura, Takeo
発行日: 1985年 6月29日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(2). p75-82, 1985
抄録: 熱帯地における衛生環境のなかで,我々は重要な役割りを担うものとして水に注目し,1968年より経年的にインドネシア各地で飲料水を採取し,その水質調査を続けている.そこで,これまでの成績のうち,1979年から1983年までの最近5か年間の細菌学的検索の結果をまとめ,若干の考察を加えて報告する.1.インドネシア各地の飲料水は,1982年以降やや改善のきざしがみられるものの,一般細菌数及び大腸菌群数の平均陽性率は,それぞれ63%と49%という成績であった.ジャカルタ市内の水道水の成績は,一般細菌数で45%,大腸菌群数で32%に陽性が示された.2.検出された菌種は,腸内細菌ではK. pneumoniae, En. cloacae. En. aerogenes, C. freundiiが例年多く検出されている.し尿系汚染との関係から注目されるE. coliは,1979年8検水,80年7検水,82年5検水から検出され,そのなかにはジャカルタ市内の水道水で,79年3検水,82年2検水より検出されている.一方,腸内細菌類縁菌では,P. aeruginosa, A. hydrophilaが多く検出されている.これらの菌種は,調査した地域や検水の由来によっての差はみられていない.3.1982年の調査で,Salmonella E_1群がジャワ島,カリマンタン島,スラウェシ島,スマトラ島のそれぞれの井戸水1検水ずつ,またSalmonella C_1群がジャカルタ市内の井戸水1検体より検出されたことは注目され,今後輸送及び保存培地などに工夫を行い,検出率を高めると共に,Yersinia属などについても検討を加えていきたい. / The quality of drinking water in various regions of Indonesia was surveyed and the results of bacteriological studies during the last 5 years were summarized. The following results were obtained. 1. The quality of drinking water of Indonesia became better a slight since 1982, but the mean positive rates in the number of total colonies and coliform group counts did not become so good. 2. Among the strains detected, Klebsiella pneumoniae, Enterobacter cloacae, Enterobacter aerogenes and Citrobacter freundii were frequently detected each year. Escherichia coli was found in 8 water samples in 1979, 7 samples in 1980 and 5 samples in 1982. From the tap water in Jakarta, Escherichia coli was detected in 3 samples in 1979, and 2 samples in 1982. Among the bacteria related to the enteric bacteria, Pseudomonas aeruginosa and Aeromonas hydrophila were frequently detected. These bacterial strains detected showed no difference among the areas and the sources of the water samples. 3. It is noteworthy that Salmonella E_1 group was detected in 1 samples from each of well water in 4 islands, and Salmonella C_1 group in 1 sample from Jakarta.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4405
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4405

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace