DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第2号 >

西サモア国におけるバンクロフト糸状虫仔虫の定期出現性


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_02_05_t.pdf736.72 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 西サモア国におけるバンクロフト糸状虫仔虫の定期出現性
その他のタイトル: The Microfilarial Periodicity of Wuchereria bancrofti in Western Samoa
著者: 木村, 英作 / Penaia, L. / Spears, G.F.S.
著者(別表記) : Kimura, Eisaku / Penaia, Luna / Spears, George F.S.
発行日: 1985年 6月29日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(2). p93-100, 1985
抄録: 西サモア国のバンクロフト糸状虫は,昼間亜定期出現性であることが確認された.仔虫血症のピークは午後4時30分で,periodicity indexは35であった.静脈血1mlを使用する膜濾過法を用いると,従来の方法(指尖血60cmm)では見逃されるような仔虫密度のきわめて低い患者にも明瞭な定期出現性が存在するのが認められた.仔虫密度の低い患者の発見に膜濾過法を応用する場合,定期出現性の影響を考慮すると,西サモア国では,午後1時より8時までの採血が望ましい.西サモア国では,昼間吸血性のAedes polynesiensisと夜間吸血性のAedes samoanusの二種の媒介蚊が存在する.前者の優勢な部落の住民と,後者の優勢な部落の住民とで定期出現性を比較した.Periodicity curvesに統計的差異を認めた. / Diurnal subperiodicity of W. bancrofti in Western Samoa has been confirmed using the statistical method proposed by Aikat and Das (1977). The peak hour was 16:30 (4:30 p.m.) and the periodicity index was about 35. Low-density microfilaraemia, which gives low and sporadic positive counts by the 60 c.mm finger-prick method, showed a clear periodicity identical to that of high-density microfilaraemia when examined by 1ml Nuclepore filtration method (NP method). In Western Samoa, the time of blood collection should be fixed from 13:00 to 20:00 hours. During this period, the probability of detecting low-density carriers using 1ml NP method is nearly the same as that deriving from examination at the peak hour, and the microfilarial count is 90-100% of the peak hour count. The periodicity curves from an Ae. polynesiensis-dominant village and an Ae. samoanus-dominant village were compared. Although the curve from the latter village showed a later peak hour and a smaller periodicity index, and the two curves differed to a degree that was statistically significant but it was not possible to draw any biological conclusions from this result.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4407
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4407

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace