DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第2号 >

近交系ハムスターにおけるB. pahangiの研究3. CBNハムスターの感受性とdiethylcarbamazineを用いた治療実験


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_02_06_t.pdf630.57 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 近交系ハムスターにおけるB. pahangiの研究3. CBNハムスターの感受性とdiethylcarbamazineを用いた治療実験
その他のタイトル: Studies on Brugia pahangi in Inbred Hamsters : 3. The susceptibility of CBN hamsters and treatment experiment with diethylcarbamazine
著者: Suwarto / 木村, 英作 / 重野, 鎮義 / 嶋田, 雅暁 / 青木, 克己
著者(別表記) : Suwarto / Kimura, Eisaku / Shigeno, Shizugi / Shimada, Masaaki / Aoki, Yoshiki
発行日: 1985年 6月29日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(2). p101-107, 1985
抄録: 近交系CBNハムスター雄のB. pahangiに対する感受性を調べた.感染幼虫100隻を皮下接種すると,すべての動物の末梢血中に仔虫が出現した.prepatent periodは平均74.5日であった.感染後20週時の血中仔虫密度は40cmm中53.3隻(幾何平均)であった.成虫の回収率は5~54%(平均25.4%)で,虫体は睾丸およびその周囲組織,心臓,肺臓より回収された.以上のことから,CBNは先に報告したGNハムスターについでB. pahangiに対する感受性が高いことが明らかとなった.CBNハムスターを用いて,diethylcarbamazineのB. pahangi仔虫,3期・4期幼虫,および成虫に対する効果を調べた,仔虫,成虫に対する効果は,鼠径部皮下感染動物を用い,3期・4期幼虫に対する効果は睾丸内接種動物を用いて判定した.仔虫,幼虫に対しては著明な効果(血中仔虫密度の減少と幼虫回収率の低下)が認められたが,成虫治療群と対照群の虫体回収率には有意の差が認められなかった.糸状虫の治療実験モデルとしてハムスターへの睾丸内接種法の有用性を述べた. / The susceptibility of inbred male CBN hamsters to Brugia pahangi infection was studied. The animals infected subcutaneously with 100 infective larvae showed 100% microfilaremia with the average prepatent period of 74.5 days. The average microfilarial density (geometric mean) at 20 weeks postinfection was 53.5/40 cmm of blood. The rate of adult worm recovery ranged from 5 to 54% with the average of 25.4%. They were recovered from the testis, peritesticular tissues, and the heart and lungs. The effect of diethylcarbamazine citrate (DEC) against microfilariae, 3rd and 4th stages of larvae, and adult worms was studied. For the treatment of developing stages of larvae, intratesticularly-infected CBN hamsters were used. DEC was confirmed to be effective against microfilariae and 3rd- and 4th-stage larvae, but the effect was less marked against adult worms. The advantages of intratesticular route of infection for chemotherapeutic studies were discussed.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4408
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4408

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace