DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第2号 >

カポシ肉腫の組織内に見られる好酸性球状物質の電子顕微鏡こよる観察


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_02_08_t.pdf1.13 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: カポシ肉腫の組織内に見られる好酸性球状物質の電子顕微鏡こよる観察
その他のタイトル: Electron Microscope Observation of Eosinophilic Globules in Kaposi's Sarcoma
著者: 千馬, 正敬 / 板倉, 英世
著者(別表記) : Senba, Masachika / Itakura, Hideyo
発行日: 1985年 6月29日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(2). p113-117, 1985
抄録: 著者らは,カポシ肉腫の組織内に好酸性に染色される球状の物質を2例見出した.この球状物質の組織化学による性質は,PAS(過ヨウ素酸・シッフ),アミラーゼ消化PASおよびPTAH(リンタングステン酸・ヘマトキシリン)において陽性に染色される.これらの形態は卵巣および睾丸の卵嚢腫瘍に見られる糖タンパクの球状物質によく似ている.電顕標本はホルマリン固定の材料を使用しているため,組織内の詳細な点が観察できないが,糖タンパクの球状物質は電顕による観察では黒色の球状体として組織内に見られる. / The authors previously presented two cases of eosinophilic globules in the cutaneous type of Kaposi's sarcoma by light microscope. The globules were stained with periodic acid Schiff (PAS), with periodic acid Schiff (PAS) reagent after diastase digestion, and with phosphotungstic acid hematoxylin (PTAH). Their shapes were very similar to glycoprotein globules of yolk sac tumor (endodermal sinus tumor) in the tissues of the ovary and testicule. Further, we developed observation of the globules by electron microscope. The cause of the glycoprotein globule accumulation is not clear. It seems unlikely that they play an important role in the pathogenesis of the Kaposi's sarcoma.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4410
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4410

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace