DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第3号 >

グアテマラの回旋糸状虫仔虫の走査電子顕微鏡像


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_03_03_t.pdf1.18 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: グアテマラの回旋糸状虫仔虫の走査電子顕微鏡像
その他のタイトル: Scanning Electron Microscopy of Onchocerca volvulus Microfilariae from Guatemala
著者: 三浦, 光政 / 坂本, 信 / 青木, 克己 / Zea F., Guillermo / Ochoa A., Onofre
著者(別表記) : Miura, Mitsumasa / Sakamoto, Makoto / Aoki, Yoshiki / Zea F., Guiliermo / Ochoa A., Onofre
発行日: 1985年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(3). p141-146, 1985
抄録: グアテマラで得た回旋糸状虫(Onchocerca volvulus)仔虫の体表微細構造を走査電子顕微鏡で観察した.体表には多くの輪状溝が存在し,虫体は多くの体環状を示す.体環の数は325-357とほぼ一定である.頭端は半球状で,その一端より長さ0.5~0.6μの鉤が後方にのびる.また頭端にはamphidial channelとbuccal cavityの開孔部と考えられる2つの小孔が存在する.尾部では体環は徐々に小さくなり,尾端2.0~2.5μは棍棒状を呈し,その表面には輪状溝が存在しない.排泄孔,肛門孔の開口部は観察されなかった.オンコセルカ仔虫体表構造の虫体のstrainによる違いについて考察した. / Microfilariae of Onchocerca volvulus from Guatemala were examined by scanning electron microscope. There are numerous transverse striations on the cuticular surface. The number of annulations varies from 325 to 357. The anterior end forms a round cephalic cap which bears a V-shaped hook. Two small openings are present on the cephalic cap. They are probably the openings of one of the amphidial channels and buccal cavity. The tail tapers gradually and ends in the terminal appendage which lacks the transverse striations. The geographical difference in surface structure of O. volvulus microfilariae was discussed.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4413
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4413

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace