DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第3号 >

長崎県中通島におけるつつが虫病に関する血清疫学的研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_03_04_t.pdf744.97 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎県中通島におけるつつが虫病に関する血清疫学的研究
その他のタイトル: Seroepidemiology of Rickettsia Tsutsugamushi in Nakadori Island in Nagasaki Prefecture
著者: 鈴木, 寛 / ジャスト・パランギョ, キサリ / 福本, 美枝 / 松本, 慶蔵 / 麻生, 卓郎 / 浜崎, 利孝
著者(別表記) : Suzuki, Hiroshi / Justo Pallangyo, Kisali / Fukumoto, Yoshie / Matsumoto, Keizo / Aso, Takuro / Hamasaki, Toshitaka
発行日: 1985年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(3). p147-154, 1985
抄録: 長崎県五島列島に属する中通島の5地域住民270名を対象としてリケッチア・ツツガムシに関する血清疫学的研究を行った.抗体はimmune peroxidase法により,抗原としてGilliam株を用いて測定した.IgG抗体陽性率は江ノ浜(9%)のみが有意に他の4地域(赤尾52%,七目62%,太田76%,曽根60%)より低かった.しかし,高い陽性率を示した4地域間の陽性率めは有意差を認め得なかった.さらに,各地における抗体分布レベルの比較では,有意に高い順位より曽根,太田,七目と赤尾,そして江ノ浜であった.尚,IgM抗体は高レベルの抗体分布を示した曽根および太田の対象より検出された.これらの成績より限定された地域においても経時的感染順位があることが示唆され,さらに,高い陽性率を示した地域間の陽性率に有意差が認められなかったことより,これらの地域におけるリケッチア・ツツガムシの感染株は同一のものであろうと推測された.さらに,低陽性率の江ノ浜には今後リケッチアの浸淫するであろうことが予測される. / During December 1984, blood samples were collected from 270, healthy inhabitants of five different areas in Nakadori Island of Nagasaki Prefecture. Rickettsia tsutsugamushi specific IgG and IgM antibody were determined by immune peroxidase method using the Gilliam strain as antigen. The positive rate of IgG antibody at four areas ranged from 51.8 to 76.0 percent and were similar to those reported for another endemic areas for Rickettsia tsutsugamushi in Japan. However these rates were not significantly different. Another area had a positive rate of 9.3 percent. This was significantly lower than the positive rates at the other four areas. The IgG antibody distribution in the samples from the five areas were significantly different by the Wilcoxon test. Our results show that four of the five localities investigated are endemic for Rickettsia tsutsugamushi. In addition, the results suggest that the endemic zone has been spreading with time and further spread to presently non-endemic areas is anticipated.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4414
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4414

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace