DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第4号 >

ケニア国コースト地区におけるビルハルツ住血吸虫症の疫学 : 流行地の河川水におけるセルカリア密度測定とその種の同定について


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_04_02_t.pdf1.25 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ケニア国コースト地区におけるビルハルツ住血吸虫症の疫学 : 流行地の河川水におけるセルカリア密度測定とその種の同定について
その他のタイトル: Epidemiological Studies on Schistosoma haematobium Infection in Coastal Area, Kenya : Cercarial Density at Water Contact Points and Identification of Species of Cercariae
著者: 佐藤, 克之 / 野田, 伸一 / Miguwe, David K. / Ziro, Gideon N. / Muhoho, Ngethe D.
著者(別表記) : Sato, Katsuyuki / Noda, Shinichi / Miguwe, David K. / Ziro, Gideon N. / Muhoho, Ngethe D.
発行日: 1985年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(4). p197-202, 1985
抄録: ビルハルツ住血吸虫症の流行地であるケニア国クワレ地区ムワチンガ村において,住民によく利用されている水系から,特に利用頻度の高い2ケ所(Site 6,Site 19)を選び,水中のセルカリア密度を,Prentice(1984)の方法を用いて測定した。さらにセルカリアの種を同定するために,4匹ずつの未感染ハムスターを調査地の水に暴露し,約3カ月後剖検して住血吸虫の感染の有無について調べた.Site 6では,401の水からわずかに1隻のセルカリアが回収されただけで,4匹のハムスターには,いずれも住血吸虫の感染は見られなかった.これに対して,Site 19では81の水から231隻のセルカリアが検出され,また4匹のハムスターからも,合計31個体の住血吸虫成虫(雄20,雌11)が回収された.これらのハムスターの肝臓には多数の住血吸虫卵が見い出され,形態学的特徴からビルハルツ住血吸虫のものと同定された.住血吸虫症流行地のいろいろな水系の水の危険度を測定する際のセルカリオメトリーの有用性について考察した. / The cercarial density in natural water was measured at two major water contact points in Mwachinga, Kwale, an endemic area of Schistosoma haematobium infection, by using the filtration technique of Prentice (1984). In addition, the sentinel animals, male golden hamsters, were immersed in water for the identification of species of schistosomes. Only one cercaria was recovered from 40 litters of water sample at one site. Neither adult worm nor egg was recovered from 4 sentinel animals which were immersed there. At the other site, 231 cercariae were detected in 8 liters of water sample. A total of 31 adult worms, 20 males and 11 females, were recovered from 4 sentinel hamsters. The eggs from the livers of hamsters were identified to be S. haematobium based on their morphological features. The practicability of cereariometry in detecting relative risk of infection in different water contact points was discussed.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4420
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4420

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace