DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第4号 >

沖繩における糞線虫感染と成人T細胞白血病ウイルス感染との関連についての血清疫学的研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_04_03_t.pdf574.42 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 沖繩における糞線虫感染と成人T細胞白血病ウイルス感染との関連についての血清疫学的研究
その他のタイトル: Seroepidemiological Studies of Strongyloides Infection in Adult T-cell Leukemia Virus Carriers in Okinawa Island, Japan
著者: 藤田, 紘一郎 / 月舘, 説子 / 田島, 和雄 / 富永, 祐民 / 仲田, 精伸 / 今井, 浄子 / 日沼, 頼夫
著者(別表記) : Fujita, Koichiro / Tsukidate, Setsuko / Tajima, Kazuo / Tominaga, Suketami / Nakada, Kiyonobu / Imai, Junko / Hinuma, Yorio
発行日: 1985年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(4). p203-209, 1985
抄録: 糞線虫感染者の間には,高率に成人T細胞白血病ウイルス(ATLV)抗体陽性者が見出されることを我々は先に報告した.今回,我々は,沖繩協同病院を中心とした沖繩本島の糞線虫患者,29才から91才までの64例を選び,対照者として糞線虫感染がみられない同地区住民127名を選んで,ATLV感染におよぼす糞線虫感染の影響を血清疫学的手法を用いて研究した.すなわち,彼らの血清についてATLV抗体価と糞線虫抗体価を測定し,あわせて,T細胞機能としてEBウイルス核抗原に対する抗体(EBNA)とEBウイルス・カプシッドIgG抗体(VCA)を間接螢光抗体法で測定し,対照群と相互に比較した.糞線虫感染者のATLV抗体陽性率は57.8%であった.一方,対照群の陽性率は20.5%で,糞線虫感染者がはるかに高いATLV抗体陽性率を示した.糞線虫感染者のうち,ATLV抗体陽性者群の糞線虫抗体価は,陰性者群の抗体価に比べ,有意に低下していた.またEBNA抗体価も有意ではないが低下していた.すなわち,糞線虫感染者のうち,ATLV抗体陽性者群の血清抗体価およびT細胞機能が低下傾向にあることが観察された. / Patients with Strongyloides stercoralis are commonly observed in Okinawa, the most southern prefecture in Japan, where adult T-cell leukemia/lymphoma (ATLL) is endemic. More than half (58%) of strongyloides-carriers, whereas only 21% of parasitefree adults had positive antibody to adult T-cell leukemia virus (ATLV) associated antigen (ATLA). A mean titer of antibody to strongyloides-antigen in 37 ATLV-carriers was significantly (p<0.05) lower than that in 27 non-carriers among strongyloides-carriers. However, there was no difference in the distributions of antibody titers against Epstein-Barr virus-specific antigens between them. These results suggest that some individuals, especially among ATLV-carriers, might have subclinical immunodeficiency, which may cause a low humoral response to strongyloides antigen and may lead to persistent infection with Strongyloides stercoralis.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4421
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4421

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace