DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第4号 >

クルーズトリパノソーマTrypomastigoteの病原性とマクロファージ,新しい線維芽細胞,および株化線維芽細胞(L-cell)に対する感染性との関連


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_04_04_t.pdf664.31 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: クルーズトリパノソーマTrypomastigoteの病原性とマクロファージ,新しい線維芽細胞,および株化線維芽細胞(L-cell)に対する感染性との関連
その他のタイトル: Comparative Study on High and Low Virulent Trypomastigotes of Trypanosoma cruzi: Infectivity to Mouse Macrophages, L-cells and Newly Cultured Fibroblasts from Mouse Heart
著者: Hermosura, Ma. Editha / 神原, 廣二 / 柳, 哲雄 / 福間, 利英
著者(別表記) : Hermosura, Ma. Editha / Kanbara, Hiroji / Yanagi, Tetsuo / Fukuma, Toshihide
発行日: 1985年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(4). p211-219, 1985
抄録: Trypanooma cruziはその発育環において代表的に三つの形態を示すが,このうちTrypomastigote fromが最も感染に重要な位置を占め機能的にも分化している.そこで私達は同一株由来の強毒および弱毒のTrypomastigoteについてその感染性,増殖性をマウス由来のマクロファージ,心より新しく培養した線維芽細胞,株化線維芽細胞(L-cell)を用いて比較した.その結果マクロファージおよび新しい線維芽細胞において強毒Trypomastigoteは早い増殖性を示した.一方L-cellに対しては両者共新しい細胞に比し増殖が遅かったが特に強毒株において遅かった.ヌードマウスを用いた感染実験では弱毒株といえども経過が長いが除々に重症化する感染を示す.これらのことからT. cruziが一定の毒力を示すためにはマクロファージに対する抵抗性だけでなく他の細胞内での増殖の速さが重要な要素となり,この速度はL-cellのような株化細胞では測定できないことが明らかとなった. / Trypomastigotes of Trypanosoma cruzi seem to play the most important role in infection to mammals. In the present experiment, trypomastigotes of different virulence were comparatively studied in terms of their infectivity to mouse macrophages, newly cultured fibroblasts from mouse heart and established fibroblasts (L-cells). Virulent trypomastigotes showed more rapid development both in macrophages and newly cultured fibroblasts than those of low virulence. On the other hand, trypomastigotes of low virulence grew more rapidly in established fibroblasts than highly virulent ones, though both of them showed slower development in established fibroblasts than in newly cultured fibroblasts. Trypomastigotes of low virulence could not induce apparent infection in normal mice but could induce gradually progressive infection in nude mice. These results show that virulence of T. cruzi in mice relates to the speed of parasite growth not only in macrophages but also in newly cultured fibroblasts and enable us to make the following suggestion that the age of cultured cells to be infected must be taken into consideration when examining the virulence of T, cruzi in cell culture systems.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4422
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4422

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace