DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第4号 >

長崎県中通島におけるトキソプラスマ抗体陽性率


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_04_05_t.pdf569.14 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎県中通島におけるトキソプラスマ抗体陽性率
その他のタイトル: Toxoplasma Infection in Nakadori Island of Nagasaki Prefecture : A Community Survey
著者: 鈴木, 寛 / 福本, 美枝 / 松本, 慶蔵 / ジャスト パランギョ, キサリ / 麻生, 卓郎
著者(別表記) : Suzuki, Hiroshi / Fukumoto, Yoshie / Matsumoto, Keizo / Justo Pallangyo, Kisali / Aso, Takuro
発行日: 1985年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(4). p221-228, 1985
抄録: 近年,免疫不全症例における終末期感染症の一つとしてトキソプラスマ感染症が注目されている.そこで,健康人におけるトキソプラスマ抗体陽性率を地域別ならびに年令別に検討した.抗体測定用の血清は長崎県五島列島に属する中通島の2町5郷(太田,七目,赤尾,江の浜,曽根)の住民270名から,定期健康診断時に無作為に採取された.尚,抗体価は抗原としてToxoplasma gondii株を用いた免疫酵素抗体法によりIgG抗体が測定された.地域別の抗体陽性率は48.1%から86%に分布し,地域間における陽性率に有意の差がみられた.尚,高い陽性率を示した地域住民の抗体は高いレベルに分布していた.さらに,年令別抗体陽性率では,50才代以上の年代の陽性率が40才代の陽性率より有意に高い値を示していた.以上の成績をみると,トキソプラスマの抗体陽性率は加令と共に増加するが,地域別の陽性率は地域により有意に異なっていた.そこで,特定の地域における抗体陽性率を知るためには,その地域の抗体陽性率を調査する必要があることが示唆された. / During December 1984, blood samples were collected from 260 healthy inhabitants aged forty years or more at five different localities in Nakadori island of Nagasaki prefecture. The sera were screened for toxoplasma IgG specific antibody by an enzymelinked immunosorbent assay (ELISA). The positive rate of IgG antibody in the island ranged from 48.1 to 86 percent. There was significant difference, by X^2-test, in the antibody rates between localities. The level of antibody distribution as well as the rate of high antibody titer for one locality were significantly higher than those for other localities. The antibody rate at the 4th decade on the island was significantly lower than at the other decades. However, there was no significant difference in the antibody distribution with age. Our results lend support to the view that toxoplasma antibody rate is a very local matter and that data from one locality can not be applied to another localities however similar they may be. In addition the results showed that the positive rate tend to increase with age.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4423
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4423

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace