DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第4号 >

ウイルス感染培養細胞を用いた酵素免疫定量法 : その後の改良と多目的利用について


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_04_09_t.pdf591.93 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ウイルス感染培養細胞を用いた酵素免疫定量法 : その後の改良と多目的利用について
その他のタイトル: Enzyme Immunoassay on Virus-infected Cultured Cells : Its Further Improvement and Versatility
著者: 張, 永和 / 田, 仲文 / 郁, 文芳 / 劉, 秀珍 / 熊, 潔螢
著者(別表記) : Zhang, Yong-He / Tian, Zhong-Wen / Yu, Wen-Fang / Liu, Xiu-Zhen / Xiong, Jie Ying
発行日: 1985年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(4). p261-268, 1985
抄録: ウイルス感染培養細胞を用いた酵素免疫定量法(EIA)を,細胞培養系に馴化した狂犬病ウイルス固定毒(FRY)を含むいくつかのウイルスに対する新しい簡便な定量法として応用した.33℃のBHK-21細胞でのFRVのEIA力価は感染第6日で5.33log TCID_<50>/10μlに達し,この価は同時に行なったマウス脳内接種による力価と等しかった.37℃のBHK-21細胞での単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)のEIA力価は感染第3日で4.50log TCID_<50>/10μlであり,Respiratory syncytial virus (RSV)のHeLa細胞でのEIA力価は感染第4日で3.50log TCID_<50>/10μlであった.BHK-21細胞でのEIA染色においてFRVとHSV-1の間に交又反応は認められなかった.感染細胞内のEIAで検出されるウイルス抗原は乾燥状態で4℃または28℃で1カ月保存しても安定であった.予め温めておいた試薬を用いるとEIAの染色操作は2時間で完了できるので,この方法は分離ウイルスの同定と定量,抗ウイルス抗体の測定および試験管内での抗ウイルス剤のスクリーニングのための簡便法として使用できる. / Enzyme immunoassay (EIA) on virus-infected cultured cells was applied to different viruses as a simple and new method, including a novel approach to the in vitro titration of cell culture-adapted fixed rabies virus (FRY). EIA titration of FRY on BHK-21 cells at 33℃ gave the end-point of 5.33 log TCID_<50>/10μl on day 6, which was equal to the parallel mouse intracerebral (ic) titers. At 37℃, herpes simplex virus type 1 (HSV-1) gave the EIA endpoint titer on BHK-21 cells of 4.50 log TCID_<50>/10μl on day 3, whereas the EIA endpoint titer of respiratory syncytial virus (RSV) on HeLa cells was 3.50log TCID_<50>/10μl on day 4. No significant levels of cross-reactions were observed between FRV and HSV-1 on BHK-21 cells by EIA titration. The virus antigens in the infected cells remained stable for the EIA assay on storage at 4℃ or 28℃ for 1 month under dessication. The staining procedure of the EIA assay could be completed within 2 hours by prewarming the reagents, thus providing a simplified identification and titration of the virus isolates as well as the antibody assay and screening of antiviral drugs.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4427
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4427

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace