DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第4号 >

日本とタイ国で分離された日本脳炎ウイルス株間のペプチドマッピングによる比較


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_04_10_t.pdf977.68 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本とタイ国で分離された日本脳炎ウイルス株間のペプチドマッピングによる比較
その他のタイトル: Comparison of Japanese Encephalitis Virus Isolates from Japan and Thailand by Peptide Mapping
著者: SRIVASTAVA, Ashok Kumar / 五十嵐, 章
著者(別表記) : Srivastava, Ashok Kumar / Igarashi, Akira
発行日: 1985年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(4). p269-275, 1985
抄録: 日本とタイ国で分離された日本脳炎ウイルス株をSDSポリアクリルアミドゲル電気泳動により分析した,検査したすべての株において三種の構造タンパクV1,V2,V3を認めた.黄色ブドウ球菌V8タンパク分解酵素によって中山株のV3タンパクは他の株のものよりも容易に加水分解された.より高濃度のV8タンパク分解酵素を用いるとすべての株のV3タンパクは加水分解されて類似のペプチドパターンを示した. / Purified preparations of Japanese encephalitis (JE) virus isolates from Japan and Thailand were analysed by sodium dodecyl sulphate polyacrylamide gel electrophoresis (SDS-PAGE) to reveal their structural proteins. Three structural polypeptides, V1, V2 and V3, were observed with all the strains under reducing condition. Limited digestion of V3 by Staphylococcus aureus V8 protease showed that Nakayama strain was more easily cleaved than other isolates. At higher concentration of the protease, V3 structural protein of all the strains were cleaved with similar peptide pattern.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4428
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4428

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace