DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第4号 >

タイ国と日本のトウゴウヤプカのマレー糸状虫に対する感受性の比較


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_04_11_t.pdf360.73 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: タイ国と日本のトウゴウヤプカのマレー糸状虫に対する感受性の比較
その他のタイトル: Comparison of Susceptibility to Brugia malayi between strains of Aedes togoi Originated from Thailand and Japan
著者: 森, 章夫 / 藤田, 紘一郎 / 武衛, 和雄 / PHAN-URAI, Prakong
著者(別表記) : Mori, Akio / Fujita, Koichiro / Buei, Kazuo / Phan-Urai, Prakong
発行日: 1985年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(4). p277-281, 1985
抄録: タイ国チャンタブリ系と長崎系のトウゴウヤプカの済州島系マレー糸状虫に対する感受性の比較を行った.これら二つの系統の間に,マレー系状虫感染のスナネズミを吸血した場合の吸血直後のミクロフィラリア取り込み数,および吸血14日後の感染幼虫数の差はみられなかった.チャンタブリ系のトウゴウヤプカでもほとんどのマレー糸状虫の幼虫は,長崎系のトウゴウヤプカでみられるのと同じように正常に発育した.これらの結果はチャンタブリ系と長崎系のトウゴウヤプカの間に,夜間定期出現性である済州島系マレー糸状虫に対する感受性の差はないことを示している. / The susceptibilities to Brugia malayi (periodic form, Che-ju strain) of Aedes togoi of Chantaburi, Thailand, and Nagasaki, Japan, were compared. No significant differences were observed between these two strains in the number of microfilariae in the mosquito just after feeding on a jird infected with B. malayi and in the number of infective larvae 14 days after blood feeding. Most of the microfilariae of B. Malayi taken up by the mosquito developed successfully to infective larvae in Chantaburi strain as well as in Nagasaki strain. These results indicated that no difference in the susceptibilty to B. malayi was recognized between Chantaburi and Nagasaki strains of Ae. togoi.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4429
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4429

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace