DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第27巻 第4号 >

タイ国と日本のトウゴウヤブカの形質の違いについて


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm27_04_12_t.pdf447.52 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: タイ国と日本のトウゴウヤブカの形質の違いについて
その他のタイトル: Difference in Biological Characteristics between Aedes togoi Originated from Thailand and Japan
著者: 森, 章夫 / 武衛, 和雄 / PHAN-URAI, Prakong / 藤田, 紘一郎
著者(別表記) : Mori, Akio / Buei, Kazuo / Phan-Urai, Prakong / Fujita, Koichiro
発行日: 1985年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 27(4). p283-288, 1985
抄録: 近年,トウゴウヤブカが東南アジアで採集されるようになったが,これは日本から運ばれたものではないかとの説もあるので,この点を明らかにするためタイ国チャンタブリと長崎で得られたトウゴウヤブカを同一条件で飼育し,両者の形態および生理,生態の比較を行った.どの温度条件でも長崎系の方が幼虫・蛹期間は短いが,羽化成虫は大きく,卵巣小管数も多かった.しかし、無吸血状態では成熟卵の形成雌率はチャンタブリ系の方が高いうえ,1雌あたりの成熟卵数も多かった.また長崎系では無吸血での成熟卵形成におよぼす飼育温度の影響がチャンタブリ系のものよりも大きかった.低温短日で飼育した場合に長崎系は4令幼虫で休眠に入るのに対し,チャンタブリ系では休眠せずに羽化している.このようにチャンタブリ系の形質は長崎系のものとかなり異なっているので,トウゴウヤブカは以前からタイ国に分布していると考えられる. / Some biological characteristics between strains of Aedes togoi from Chantaburi, Thailand, and Nagasaki, Japan, were compared. The larval plus pupal period of Chantaburi strain was longer than that of Nagasaki strain. At low temperature and short photoperiod, such as 21℃, 10 hr daylength or 15℃, 10 hr daylength, the fourth instar larvae of Nagasaki strain entered into larval diapause, while Chantaburi strain did not enter into diapause. The adult body size of Chantaburi strain was smaller than that of Nagasaki strain. The autogenous reproduction of Chantaburi strain was high even at any temperature. From these results, Ae. togoi seems to be an indigenous mosquito in Thailand, but not to be a stowaway in recent years from the temperate zone.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4430
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4430

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace