DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第1号 >

プロスタグランディソE1発熱におけるトラゾリンの効果に関する研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_01_01_t.pdf1.29 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: プロスタグランディソE1発熱におけるトラゾリンの効果に関する研究
その他のタイトル: The Effect of Intraventricular Injection of Tolazoline on PGE_1 -Induced Fever in the Rabbit
著者: 岩元, 純
著者(別表記) : Iwamoto, Jun
発行日: 1986年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(1). p1-14, 1986
抄録: 無麻酔下の雄の家兎について,側脳室留置カテーテルにより種々の薬剤を投与し,発熱及び解熱過程における効果器活動を測定した.プロスタグラディンE_1(PGE_1)によって惹起された耳介皮膚温(Tea)の低下と呼吸数(RF)の低下は,前投与されたαブロッカーであるトラゾリン(Tol)によって抑制されたが,後投与されたTolからは抑制をうけず,むしろPGE_1による効果器活動を促進した.スルピリン(Dip)はこれらの反応を抑制した.また,ノルアドレナリン(NA)はTeaの低下を惹起したが, RFに対しては著明な反応を示さなかった.このNAによるTeaの低下に対して, Dipは抑制的に働きTeaの上昇を促した.非選択的αブロッカーであり, 5HTのブロッカーでもあるTolは,単独投与でもTeaの低下を惹起した. Tolの相反する2種類の作用は,それが抑制するレセプターの相違によって生じるものと思われるが,文献的考察も加えると, PGE_1と前投与したTolの作用部位はおそらく前シナプス性のα_2-レセプターではないかと推察される.又,後投与したTolの作用部位は冷信号伝搬に関係した細胞の後シナプス性のレセプター(抑制性)ではないかと思われる. / The interactions of prostaglandin E_1 (PGE_1) and tolazoline, as well as noradrenaline (NA) and dipyron on fever induction were studied in rabbits through intraventricular microinjection technique. Monitorings of febrile responses were made on rectal temperature, ear skin temperature and respiratory frequency. Pre-injected tolazoline, an alphaadrenoceptor blockade diminished febrile responses elicited by PGE_1, whereas post-in-jected tolazoline didn't induce any antagonistic effects on PGEi-fever, rather it facilitated febrile responses, especially drop of ear skin temperature, or in a few cases it induced shivering. Tolazoilne is the antagonist of both alpha 1-and alpha 2-adrenoceptors and also the weak antagonist for 5-hydroxytryptamine (5-HT). So it is assumed that post-injected tolazoline may not act on the receptor sites on which PGE_1 has already occupied and would inhibit other receptors which are responsible for the antagonism of fever induction ie the facilitation of warm responsive units or the inhibition of cold responsive units. An antipyretic drug dipyron was antagonistic to all the responses elicited by PGE_1 and NA. It also depressed febrile responses exaggerated by tolazoline. Considering the presynaptic inhibitory modulation of PGE_1, the results would permit us to conclude that PGE_1 may act on presynaptic alpha 2-adrenoceptor which modulate synaptic transmission onto cold responsive units, and the effect of dipyron might be involved in such synaptic transmission.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4432
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4432

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace