DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第1号 >

フェノール抽出精製日本脳炎ウイルスからウイルスタンパクの回収


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_01_02_t.pdf746.25 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: フェノール抽出精製日本脳炎ウイルスからウイルスタンパクの回収
その他のタイトル: Recovery of Japanese Encephalitis Virus Protein after Phenol Extraction of the Purified Virus
著者: SRIVASTAVA, ASHOK KUMAR / 五十嵐, 章
著者(別表記) : Srivastava, Ashok Kumar / Igarashi, Akira
発行日: 1986年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(1). p15-20, 1986
抄録: 精製日本脳炎(JE)ウイルスからRNAを抽出する目的でウイルスをフェノール抽出した際のフェノール層と中間層の混合物からJEウイルス外被膜糖タンパクを回収した。このタンパクはドデシル硫酸ナトリウム存在下のポリアクリルアミドゲル電気泳動(SDS-PAGE)でV3糖タンパクと同一の移動度を示しJEに対する多価ウサギ抗血清を用いたWestern blottingによって少なくともその抗原性の一部を保持している事が示された。この方法によって回収された糖タンパクの抗原性,免疫原性,及び構造について分子レベルでの検討を今後行う必要がある. / Envelope glycoprotein of Japanese encephalitis (JE) virus was recovered from the mixture of the phenol and interphase after phenol extraction of the purified virus to obtain viral RNA from aqueous phase. The protein showed the same electrophoretic mobility as the V3 protein by the polyacrylamide-gel electrophoresis in the presence of sodium dodecyl sulphate (SDS-PAGE) and was shown to retain at least some of its antigenicities by the Western blotting using polyclonal anti-JE virus rabbit serum. The fine structure of the recovered protein should be examined for its antigenicity, immunogenicity as well as molecular integrity.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4433
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4433

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace