DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第1号 >

マウスの異った臓器由来の線維芽細胞を用いたTrypanosoma brucei gambiense血流型原虫の試験管内培養


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_01_05_t.pdf1.25 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: マウスの異った臓器由来の線維芽細胞を用いたTrypanosoma brucei gambiense血流型原虫の試験管内培養
その他のタイトル: In Vitro Cultivation of Bloodstream Forms of Trypanosoma brucei gambiense with Fibroblasts from Various Organs of Mouse
著者: ムハンド, ピーター / 柳, 哲雄 / 中澤, 秀介 / 福間, 利英 / 神原, 廣二
著者(別表記) : MHANDO,Peter, J. / Yanagi, Tetsuo / Nakazawa, Shusuke / Fukuma, Toshihide / Kanbara, Hiroji
発行日: 1986年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(1). p45-53, 1986
抄録: ガンビアトリパノソーマの血流型の簡便な培養法を得るために,マウスの異った臓器由来の線維芽細胞を共生させ,子牛血清・牛胎児血清を混じたMEM培地を使用して実験を試みた.結果感染マウスより移植した血流型原虫は脳および筋肉由来の線維芽細胞共生条件で活発に細胞間隙に侵入し,3-4日後にはそこで増殖した原虫集塊が形成されるのが認められた.その後この両線維芽細胞の系では原虫は活発に増殖し,連日全部の培養上清を交換することにより,毎日2×10^7/mlの濃度で培養液中に原虫を得ることができた.この原虫は現在9週以上にわたって継代されているがその感染性は血流型と同じに保たれていることから,昆虫内増殖型への形態変移は行われていないことが判る.この増殖効果は心臓・腎臓・皮膚由来の線維芽細胞,筋肉由来だがすでに株化した線維芽細胞,L-cellなどには認められなかった.また10%子牛血清のみでの原虫の増殖は短期間しか認められず牛胎児血清が必須であったが5%牛胎児血清,5%子牛血清を昆じたMEM培地を利用することにより10%牛胎児血清を用いるのと同様な増殖が得られた. / A modified system was used for the cultivation of Trypanosoma brucei gambiense (T. b. gambiense). The system consists of a feeder layer of new fibroblasts derived from different organs of ICR mouse, Eagle's Minimum Essential Medium (MEM) supplemented with 5% heat inactivated fetal bovine serum and 5% calf serum. Bloodstream forms of T, b. gambiense were cultured with mouse fibroblasts from various organs to simplify culture system and to clarify the effect of fibroblasts. Cultures were initiated with bloodstream forms from infected ICR mice. By day 8 a maximum density of 1.8×10^7 parasites/ml/day was obtained from new fibroblasts derived from muscles and brain. Lcells, established fibroblasts from muscles and new fibroblasts from heart, kidney and skin could not support the growth. These cultured parasites were infective for mice and retained the morphological characteristics of long slender bloodstream forms.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4436
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4436

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace