DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第1号 >

フィラリア感染ラットの免疫複合体形成とIgE抗体産生.フィラリア虫体の免疫回避機構との関連について


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_01_06_t.pdf957.17 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: フィラリア感染ラットの免疫複合体形成とIgE抗体産生.フィラリア虫体の免疫回避機構との関連について
その他のタイトル: Immune Complex and IgE Antibody Formation of the Rats Infected with Brugia pahangi. Evasive Mechanism of Filarial Worms from Host Immune Surveillance
著者: 月舘, 説子
著者(別表記) : Tsukidate, Setsuko
発行日: 1986年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(1). p55-63, 1986
抄録: フィラリア虫体は,宿主の免疫機構を巧妙に免れる術を備えている.今回著者は,鼠径皮下および腹腔内という2つの異なった感染経路でBrugia pahangiを感染させた2系統のラットにおいて,流血中に存在する免疫複合体の形成状況を調べ,同時にそれらの宿主に産生されたIgEおよびIHA抗体を測定して相互に比較し,虫の免疫回避機構の一端を知ろうとした.免疫複合体の形成状況を経時的に観察すると,ラットの系統によって量的な差異があるものの,感染経路や虫の感染状況とはほとんど無関係に形成されることがわかった.すなわち,免疫複合体は, Wistar系ラットに比ベ, Lewis系ラットにおいて幾分多量に形成された.しかし,それらは感染経過と共に徐々に減少し,虫が完全に成熟すると形成されなくなることが, 2系統ラットの鼠径皮下および腹腔内の各々の感染で観察された.また,免疫複合体の形成は, Mf検出ラット群および未検出ラット群において本質的な差が見られなかった.一方, IgE抗体やIHA抗体は,感染経路や虫の成育状況によって大きく左右されることがわかった.すなわち,虫の成育状況が比較的良好な鼠径皮下感染群は,腹腔内感染群に比べ,それぞれの抗体をより高価に産生した.また, Mf検出群と未検出群とを比較すると,初期の抗体産生はほとんど同じ値であったが,中期から後期にかけては,はるかにMf検出群で高い抗体価を産生することが, LewisおよびWistar系ラットにおいてそれぞれ観察された. / Circulating immune complexes (CIC) and filaria parasite specific IgE antibody levels were investigated and compared each other in Lewis and Wistar rats infected with 100 infective larvae of Brugia pahangi by two different kinds of inoculation route; i. e., subcutaneous and intraperitoneal infection route. The precipitation of the sera of rats with 6% polyethyleneglycol detected CIC during the course of infections. IgE and indirect hemagglutination (IHA) antibody titers were also detected in the same sera from the infected rats. CIC formation was generally the same regardless of the infection routes, and there were also no appreciable differences in CIC formation between the microfilaremic and the nonmicrofilaremic groups during the course of the infections regardless of strains used. On the other hand, antifilarial IgE and IHA antibody titers varied significantly according to the infection routes and to the patent or nonpatent infection. Both titers of IgE and IHA antibody in the rats infected subcutaneously became always higher and persisted longer period than in the rats with the intraperitoneal infection regardless of the strains used, and both titers in the patent animals were always higher than those in the nonpatent animals especially after the appearance of microfilariae (Mf) in the blood of the infected rats of Lewis and Wistar strain. No correlation could be observed between these individual titers and CIC levels in these filarial infections. The possible role played by CIC in protective mechanisms to the filarial infection was discussed in the special ferences to the IgE antibody formation.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4437
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4437

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace