DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第2号 >

1982年長崎県のブタとウシ血清のゲタウイルスに対するELISA抗体価


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_02_01_t.pdf903.19 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1982年長崎県のブタとウシ血清のゲタウイルスに対するELISA抗体価
その他のタイトル: Anti-Getah ELISA Antibodies in Swine and Bovine Sera in Nagasaki 1981
著者: 森田, 公一 / 五十嵐, 章
著者(別表記) : Morita, Kouichi / Igarashi, Akira
発行日: 1986年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(2). p79-86, 1986
抄録: 1981年長崎県で採取されたブタとウシ血清のゲタウイルスに対するELISA抗体価を測定した.7月21日以前に屠殺場で採取されたブタ血清のIgG-ELISA抗体陽性率と抗体価の幾何平均値は低かったがその後速やかに各々80%と4倍以上に上昇した.一方,IgM抗体はウイルス血症と同じ日の7月7日に初めて検出された後陽性率は上昇し7月21日には60%に達した。日本脳炎ウイルスの分離と抗体保有率の経移と比較すると1981年長崎県のブタの間ではゲタウイルスが日本脳炎ウイルスよりも約4週間早くその感染が起こっていた事になる。ブタと比べてウシの抗体保有率は流行期末の9月でも27%と低値であった。 / Antibody titers against Getah virus were measured by the indirect ELISA using swine and bovine sera collected in Nagasaki Prefecture, Japan, in the year of 1981. IgG-ELISA antibody positive rate and its geometrical mean titer (GMT) in swine sera collected at a slaughter house were low until the 21st of July, and increased rapidly in the following week to 80% and 4-fold higher, respectively. Whereas, IgM antibody first became detectable on the 7th of July, coinciding to the Getah virus viremia, then, its positive rate increased to the level of 60% on the 21st of July. Compared with the result of Japanese encephalitis (JE) virus isolation and antibody appearance, circulation of Getah virus among swine population in Nagasaki Prefecture occurred 4 weeks before that of JE virus in 1981. In contrast to swine population, antibody prevalence among bovine was low (less than 27%) even at the end of the epidemic season in September.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4440
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4440

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace