DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第2号 >

日本脳炎とデング出血熱患者のIgG-ELISA抗体反応


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_02_03_t.pdf1.41 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本脳炎とデング出血熱患者のIgG-ELISA抗体反応
その他のタイトル: Antibody Response in Japanese Encephalitis and Dengue Hemorrhagic Fever Patients Measured by Indirect ELISA
著者: 森田(分藤), 桂子 / TORRES, Cleotilde A. / CHANYASANHA, Charnchudhit / LINN, MAY LA / 五十嵐, 章
著者(別表記) : Bundo (Morita), Keiko / Torres, Cleotilde A. / Chanyasanha, Chanrnchudhit / Linn, May La / Igarashi, Akira
発行日: 1986年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(2). p101-114, 1986
抄録: 日本脳炎とデング出血熱患者血清のIgG-ELISA抗体反応を微量間接ELISA法により日本脳炎ウイルスとデングウイルス1型抗原を用いて測定した。日本の日本脳炎患者とタイ国の脳炎初感染患者は日本脳炎抗原に対して特異的反応を示したが,デング出血熱患者は初感染の場合でも日本脳炎とデング1型抗原の両方に対して交差反応性を示した. / Antibody responses in sera from Japanese encephalitis (JE) and dengue hemorrhagic fever (DHF) cases were measured by the indirect micro ELISA using JE and dengue type 1 (D1) antigens. The responses of JE cases in Japan and primary encephalitis cases in Thailand were rather monospecific to JE antigen, in contrast to DHF cases whose antibody responses were cross-reactive to JE and D1 antigens even in the primary infection.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4442
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4442

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace