DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第2号 >

慢性脊髄ラットの尾部皮膚温と環境温の関係


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_02_06_t.pdf1.56 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 慢性脊髄ラットの尾部皮膚温と環境温の関係
その他のタイトル: Change in Tail Skin Temperature during Exposure to Various Ambient Temperatures in Chronic Spinal Rats
著者: 土屋, 勝彦
著者(別表記) : Tsuchiya, Katsuhiko
発行日: 1986年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(2). p129-142, 1986
抄録: 慢性脊髄動物の尾部の放熱調節能の脊髄切断後の経時的変化を検討した.ラットの頸髄下端をペントバルビタール麻酔下で切断し,その後室温30℃で慢性脊髄ラットとして飼育した.体重は日々減少したが,直腸温(Tre)は一ケ月以上に亘り37℃附近に維持された.慢性脊髄ラットを無麻酔で20℃に暴露して一時間後,直腸温は脊髄切断後約3日及び約30日のα群,γ群において各々31.1±0.4℃,34.6±0.3℃となり,体温調節能はγ群に於いてより回復している事が示された.この二群に加え脊髄切断後約15日のβ群を加えた三群について,環境温を25℃から35℃の間を0.1から0.3℃/minの定速度で往復変化させ,無麻酔脊髄ラットの直腸温(Tre),尾部皮膚温(Ttail),心拍数(HR)及び環境温(Ta)を連続記録した.dT(=Ttail-Ta)は,この温度範囲でTaに対し有意な相関関係を示し,dTのTaに関する回帰係数はα,β,γの各群について各々-0.58±0.05,-0.38±0.05及び-0.30±0.03であり,Taが25℃の時のdTの値は5.9±0.4℃,4.8±0.4℃及び4.5±0.3℃であった.βとγ群の値はα群の値に比し有意の差を示した.この事から室温25℃に於ける尾部からの放熱は脊髄切断後日数を経るに従い減少している事が明らかになった.この原因として尾部血管床の末梢抵抗増加による血流分配の変化等が考えられる. / Change in tail skin temperature during exposure to various ambient temperatures was studied in chronic spinal rats. Lower end of the cervical cord (C-8) was transected by aspiration under pentobarbital anesthesia, and then the rats were reared in 30℃ as chronic spinal rats. Rectal temperature (Tre), tail skin temperature (Ttail), heart rate (HR) and ambient temperature (Ta) were recorded simultaneously in three groups of conscious rats. Group α (about 3 days after spinalization, N=9), β (15 days, N=7) and γ (30 days, N=6) during exposure to constant temperature or to various Ta. After exposure to 20℃ for 60 min, Tre became 31.1±0.4℃ and 34.6±0.3℃ in Group α and γ, respectively. Chronic spinal rats were exposed to sequential and reciprocal change of Ta ranging from 25℃ to 35℃. Statistically significant (p<0.001) correlation was recognized between Ta and dT, or excess temperature of the tail skin (dT=Ttail-Ta). Mean regression coefficient of dT on Ta was -0.58±0.05, -0.38±0.05 and -0.30±0.03 in Group α, β and γ, respectively. And when Ta was 25℃, corresponding value of dT was 5.9±0.4℃, 4.8±0.4℃ and 4.5±0.3℃ Group α, β and γ, respectively. In both parameters, values in Group β and γ are significantly smaller (p<0.05) than those in α. Because heat loss by conduction, convection and radiation depends on dT, heat loss from the tail may be progressively reduced with an increase of days after spinalization.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4445
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4445

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace