DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第3号 >

酵素標識ヘルペスウイルス1型及び2型初期抗原を用いた免疫酵素測定法による子宮頸癌患者血清の免疫グロブリンMとGの検出


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_03_01_t.pdf1.18 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 酵素標識ヘルペスウイルス1型及び2型初期抗原を用いた免疫酵素測定法による子宮頸癌患者血清の免疫グロブリンMとGの検出
その他のタイトル: Enzyme-Linked Immunosorbent Assay Using Enzyme-Labeled Herpes Simplex Virus Type-1and Type-2 Early Antigens for Detection of Immunoglobulin M and G Antibodies in Patients with Uterine Cervical Cancer
著者: 前田, 由紀子 / 牧野, 芳大 / 五十嵐, 章
著者(別表記) : Maeda, Yukiko / Igarashi, Akira / Makino, Yoshihiro
発行日: 1986年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(3). p143-155, 1986
抄録: 子宮頸癌患者196名と対照である健常人187名の血清中のヘルペスウイルス1型( HSV-1)及び2型( HSV-2)初期抗原に対するIgG及びIgM抗体価をペルオキシダーゼ標識抗原を用いた抗体捕獲微量直接ELISAにより測定した.子宮頸癌患者の17例はHSV- 1初期抗原に対してIgM抗体が陽性(抗体価10以上)を示し,そのうち8例は抗体価20以上であった.HSV-2初期抗原に対するIgM抗体は12例で陽性であり,そのうち5例は抗体価20以上を示した.これに対して健常人ではHSV-2初期抗原に対してIgM抗休価20以上を示す例はなく,HSV-1初期抗原に対して2例が20-40の抗体価を示したのみであった.HVS-2初期抗原に対するIgG ELISA抗体価の頻度分布は子宮頸癌患者と健常人で類似の曲線を示したが,子宮頸癌患者の5例は健常人の抗体価の上限である80以上の抗体価を示した.一方,HSV-1初期抗原に対するIgG ELISA抗体は健常人では陰性者(抗体価10以下)よりも弱陽性者(抗体価10-20)が多く,子宮頸癌患者では陰性者の方が多かった.初期抗原に対して高いIgM抗体価を示した例は子宮頸患者のうちでも0期の初期癌に多く見られた. / Sera from 196 individuals diagnosed as uterine cervical cancer (CaCx) and 187 healthy women as controls were examined for their IgG and IgM antibody titers against herpes simplex virus type-1 (HSV-1) and type-2 (HSV-2) early antigens (EA) by antibody-capture direct enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) that uses horseradish peroxidase (HRPO)-conjugated antigens. In the case of CaCx patients, IgM antibodies against HSV-1 EA was positive in 17 sera, 8 of which showed over 20 ELISA titers, while IgM antibodies against HSV-2 EA was positive in 12 sera, 5 of which were over 20 ELISA titers. On the contrary, none of the serum from healthy women possessed IgM ELISA titer exceeding 20 against HSV-2 EA, although 2 of them showed the titer between 20 to 40 against HSV-1 EA. The patterns of IgG-ELISA titer distribution between CaCx and control groups were similar for HSV-2 EA. However, there were 5 CaCx patients with titer exceeding 80, which was the upper limit for healthy controls. In contrast, IgG-ELISA against HSV-1 EA showed fewer negatives (titer under 10) and more weakly positives in healthy controls than in CaCx patients. For both HSV-1 and HSV-2, high levels of IgM antibodies against EA were found only in the early stage of the cancer (Stage 0).
URI: http://hdl.handle.net/10069/4446
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4446

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace