DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第3号 >

昆虫ウイルスの蚊幼虫に対する殺虫効果 : 蚊の生物学的防除としての可能性について


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_03_05_t.pdf1.44 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 昆虫ウイルスの蚊幼虫に対する殺虫効果 : 蚊の生物学的防除としての可能性について
その他のタイトル: Larvicidal Effect of an Insect Virus of Mosquitoes : An attempt to use as a potential agent of biological control on mosquitoes
著者: 五十嵐, 章 / 松尾, 幸子 / 分藤(森田), 桂子 / 小田, 力 / 森, 章夫 / 藤田, 絋一郎
著者(別表記) : Igarashi, Akira / Matsuo, Sachiko / Bundo(Morita), Keiko / Oda, Tsutomu / Mori, Akio / Fujita, Kouichiro
発行日: 1986年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(3). p191-207, 1986
抄録: 蚊の昆虫ウイルスの一つを数種類の実験室内累代継代蚊の幼虫に感染させた時の殺虫効果を調べた.殺虫効果はウイルスの濃度,蚊の種類,及び幼虫の成熟度によって異なった.四令幼虫にウイルスを感染させた場合,累積死亡率はチカイエカの13%からシマハマダラカの72%であったが対照群の死亡率は0-8%であった.ネッタイシマカの場合,四令幼虫にウイルスを感染させた時最も高い死亡率を示し若令幼虫に感染された時の死亡率は低かった.この傾向はコガタアカイエカ及びシナハマダラカでも認められたが,ヒトスジシマカとチカイエカの場合には逆の傾向が見られ,第一令幼虫に感染された方が三又は四令幼虫に感染させた時よりも高い死亡率を示した.死亡した幼虫は脱水し縮小した外観を呈したが,ウイルス増殖は死亡した幼虫だけでなく一見健康に見える幼虫にも認められた.ウイルス感染幼虫から羽化した雌成虫から卵を介して次代の蚊にウイルスが伝達される経卵感染は証明されなかった.この昆虫ウイルス(ヨコショウジウイルス)をマウス脳内に接種しても病的変化は認められなかった.長崎県下のブタとウシの抗体調査ではヨコショウジウイルスの自然感染を示す結果は得られなかった. / Effect of a mosquito insect virus infection on several laboratory-colonized mosquito larvae were investigated. Larvicidal effect was dependent on the virus dose, mosquito species and also the stage of the larvae. When 4th instar larvae were infected, cumulative mortality of mosquitoes were from 13 to 72% (highest with Anopheles sinensis and lowest with Culex pipiens molestus), in contrast to 0-8% in the control (highest with Cx. p. molestus and lowest with Aedes albopictus ). In the case of Ae. aegypti, cumulative mortality was highest when the virus was infected to the 4th instar larvae and the less mortality was recorded when earlier instar larvae were infected. This tendency was also observed for Cx. tritaeniorhynchus and An. sinensis. However, opposite tendency was observed for Ae, albopictus, and Cx. p. molestus with higher mortality when the lst instar larvae were infected than the 4th or 3rd instar. The higher mortality resulted in the lower pupation or emergence rate. The dead larvae appeared to have shrunk and dehydrated. Virus growth was observed not only in dead larvae but also in apparently healthy ones. No transovarial transmission of the virus was observed from the adult females emerged from virus-infected larvae to the next generation. No pathological effects or appreciable antibody production were observed by intracerebral inoculation of Yokoshoji virus to weaning mice. Antibody survey among swine and bovine population in Nagasaki Prefecture did not reveal any indication of Yokoshoji virus infection in nature.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4450
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4450

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace