DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第3号 >

野外採集コガタアカイエカからヒトスジシマカ培養細胞クローンC6/36を用いて分離され強い細胞病変を示す外被膜を有するウイルス


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_03_06_t.pdf1.31 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 野外採集コガタアカイエカからヒトスジシマカ培養細胞クローンC6/36を用いて分離され強い細胞病変を示す外被膜を有するウイルス
その他のタイトル: An Enveloped Virus Isolated from Field-caught Culex tritaeniorhynchus by Aedes albopictus, Clone C6/36, Cell Cultures, Causing Extensive Cytopathic Effect
著者: 五十嵐, 章 / 笹尾, 芙蓉子 / 深井, 孝之助 / 和田, 多佳志
著者(別表記) : Igarashi, Akira / Sasao, Fuyoko / Fukai, Konosuke / Wada, Takashi
発行日: 1986年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(3). p209-218, 1986
抄録: 大阪府の野外で採集されたコガタアカイエカの乳剤をヒトスジシマカ培養細胞クローンC6/36に接種して,この細胞に強い細胞病変を示し,大きなプラークを作るウイルスを分離した.仮にヨコショウジウイルスと名ずけたこのウイルスはC6/36細胞では良く増殖するがアルポウイルスが良く増殖する哺乳類細胞では増殖しなかった.このウイルスの増殖はDNA合成阻害剤で抑制されないのでウイルス遺伝子はRNAであると考えられる.ウイルス感染価はエーテル及びデオキシコール酸に感受性であり,既知のアルポウイルスとの交叉反応は認められなかった.精製ウイルスの電子顕微鏡観察によって外被膜を有する直径約80nmの球型粒子が観察された.庶糖密度勾配遠心法によって感染性粒子の密度は1.15g/cc,沈降係数は215Sと推定された.トリチウムロイシン標識精製ウイルスをドデシル硫酸ナトリウム存在下のポリアクリルアミドゲル電気泳動で分析すると分子量64Kと45Kの二つのポリペプチドがウイルス構造タンパクとして存在することがわかった.これらの所見を総合するとこのウイルスは蚊の昆虫ウイルスの一種であろうと考えられる. / Homogenate of Culex tritaeniorhynchus captured in a field of Osaka Prefecture was inoculated to Aedes albopictus, clone C6/36 cells, and a virus was isolated which showed extensive cytopathic effect and produced large plaques on the cell line. The agent, tentatively named as Yokoshoji virus, grew to high titer in C6/36 cells but did not grow at all in mammalian cell lines which support the growth of arboviruses. The virus growth was not inhibited by inhibitors of DNA synthesis indicating RNA nature of the genome. The infectivity was sensitive to ether and deoxycholate and the virus did not show any cross reactions with grouping antisera against arboviruses or some pestiviruses. Spherical particles around 80 nm in diameter were revealed under an electron microscope. The density of the infective particles was 1.15g/cc and sedimented at 215 S in sucrose gradients. Only 2 structural proteins of 64k and 45k dalton molecular weights were revealed when ^3H-leucine-labeled and purified virion was analyzed by polyacrylamide gel electrophoresis in the presence of sodium dodecyl sulfate (SDS-PAGE). The results as a whole indicate that the agent is an insect virus of mosquitoes.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4451
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4451

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace