DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第3号 >

口腔マイコプラズマ細胞のフェノール抽出物により誘発される発熱反応


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_03_07_t.pdf609.13 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 口腔マイコプラズマ細胞のフェノール抽出物により誘発される発熱反応
その他のタイトル: The Pyrogenicity in Rabbits Elicited by Aqueous : Phenol Extract from Oral Mycoplasma Cells
著者: 戸塚, 昌攻 / 小坂, 光男 / 大渡, 伸
著者(別表記) : Totsuka, Masayoshi / Kosaka, Mitsuo / Ohwatari, Nobu
発行日: 1986年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(3). p219-224, 1986
抄録: グラム陰性桿菌のリポ多糖体(LPS)と2-keto-3-deoxyoctonate を欠くことで化学組成の異なるMycoplasma salivarium細胞の温フェノール水抽出物(APS)の発熱反応をウサギで調べた.ウサギに体重1kgあたり134 μgの標品を耳介皮膚血管から静脈投与すると30分の短い潜時ののち, 一峰性の発熱が観察された.直腸温度(℃)は1.10±0.18 (n=7)増加し,逆に,耳介皮膚温度(℃)および呼吸数(min-1)はそれぞれ3.94±1.19 (n=7)および113±78(n=7)と減少した.これらの成績は,APSが発熱性の物質であることを示唆している. / Aqueous-phenol extract from Mycoplasma salivarium ATCC 23064 cells (APS) lacks 2-keto-3-deoxyoctonate found in almost all lipopolysaccharides (LPS) of gram-negative bacteria. We examined this APS in pyrogenicity test system of the rabbit. Intravenous application of 134 μg/kg APS to rabbit was characterized by mono-phasic fever after a short delay of 30 min. Increase in Tre (℃) was 1.10±0.18 (n=7), decrease in Tea (℃) and RR (min-1) were 3.94±1.19 (n=7) and 113±78 (n=7), respectively. The pyrogenicity activity of APS was relatively strong, but the dosage so far used was too high due to impurities of APS. However, the present thermoregulatory responses indicated that APS used in this experiment contains very effective new exogenous pyrogen which is different from LPS.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4452
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4452

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace