DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第4号 >

内因性高脂鳥大動脈のウイルス感染について


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_04_02_t.pdf4.94 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 内因性高脂鳥大動脈のウイルス感染について
その他のタイトル: Arterial Viral Infection in Restricted-Ovulator Chickens with Endogenous Hyperlipidemia
著者: 戸田, 隆義 / 外間, 政哲 / 戸田, ゆみ子 / 千馬, 正敬 / 板倉, 英世
著者(別表記) : Toda, Takayoshi / Hokama, Seitetsu / Toda, Yumiko / Senba, Masachika / Itakura, Hideyo
発行日: 1986年12月27日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(4). p251-260, 1986
抄録: 産卵性雌鳥と不産卵性雌鳥の大動脈および冠動脈に内因性ウイルス様粒子を電子顕微鏡を用いて見出した.産卵性雌鳥より不産卵性雌鳥の大動脈の中に多くのウイルス様粒子が存在していた.不産卵性雌鳥の大動脈の平滑筋細胞の中にウイルス様粒子がしばしば見られた.なお,感染した平滑筋は変性していた.多くの成熟したウイルス様粒子が宿主の平滑筋より結合組織の層状構造の中に飛び出していた. / Electron microscopic observations of aortas and coronary arteries from laying and non-laying hens which appeared to be endogenously infected with a virus such as retro C were described. The arteries of non-laying hens contained greater numbers of virus-like particles than those of laying hens. Viral matrix areas were most frequently observed in medial smooth muscle cells of arteries from non-laying hens. Affected smooth muscle cells were accompanied by degenerative changes. Interlamellar connective tissue cells contained abundant mature viral particles which budded from the in host medial smooth muscle cells.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4455
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4455

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace