DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第28巻 第4号 >

同系赤血球接種によるマウスのマラリアに対する抵抗性の増強


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm28_04_05_t.pdf586.47 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 同系赤血球接種によるマウスのマラリアに対する抵抗性の増強
その他のタイトル: Activation of Host Defense Mechanism against Murine Malaria by Homologous Erythrocyte Inoculation
著者: Kabanda, Omari Salum / 中沢, 秀介 / Mhand, Peter John / 神原, 廣二
著者(別表記) : Kabanda, Omari Salum / Nakazawa, Shusuke / Mhando, Peter John / Kanbara, Hiroji
発行日: 1986年12月27日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 28(4). p279-284, 1986
抄録: 脾臓を中心とした自己赤血球破壊作用がマラリアに対する宿主の防御機構にいかに関係しているかは,全機能を失わせる脾摘を用いた実験系では推定し難い.そこでこの作用のみを特異的に増強する目的でICRマウスを用いて,同系の赤血球浮遊液を腹腔内に接種した.対照マウス群には異種の家兎赤血球浮遊液および浮遊用の培養液のみを接種した.上記接種の後にPlasmodium bergheiの致死感染を行いその後の経過を観察した.同系赤血球処理を受けたマウス群のみが,血中の感染赤血球の出現およびその後の感染赤血球数増加の遅れを示し,結果的に有意の生存日数の延長を示した.これに一致して同マウス群のみが.赤血球処理後およびマラリア感染による死亡時の調べで,著名な牌の腫大を示した.一方異種赤血球処理マウス群は,培養液のみの接種群との間に有意の差を認めず,上述のマラリア防御にかかわる効果を生じ得なかった. / It is difficult to estimate the involvement of the spleen function of destroying self-erythrocytes in host defense against malaria by using the procedure of splenectomy. Therefore, an attempt was made to activate only the above function in ICR mice by inoculating homologous or heterogenous erythrocytes before Plasmodium berghei infection. Only the mice treated with homologous erythrocytes showed delayed growth of parasitaemia and survived significantly longer than the mice treated with heterogenous erythrocytes or the control mice treated with culture medium. The spleen enlargement was also conspicuous only in the former mice in contrast to the mice treated with heterogenous erythrocytes which did not produce distinguishable effect.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4458
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第28巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4458

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace