DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第29巻 第1号 >

Brugia pahangi感染ラット,ジャード,マウスにおける好酸球応答の差異


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm29_01_08_t.pdf275.74 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Brugia pahangi感染ラット,ジャード,マウスにおける好酸球応答の差異
その他のタイトル: Differences of Eosinophil Response among Three Species of Rodents, Rat, Jird and Mouse, during the Course of Brugia pahangi Infection
著者: 中西, 弘有 / 堀井, 洋一郎 / 藤田, 紘一郎 / 寺島, 賢二郎 / 上田, 正勝 / 黒川, 憲次
著者(別表記) : Nakanishi, Hirokuni / Horii, Yoichiro / Fujita, Koichiro / Terashima, Kenjiro / Ueda, Masakatsu / Kurokawa, Kenji
発行日: 1987年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 29(1). p61-64, 1987
抄録: 雄のWistarラット,モンゴリアンジャード,BALB/cマウスにおけるBrugia pahangi感染後の末梢血好酸球の動態を調べた.感染後早期(ピークは2-4週)の好酸球応答は,動物種間で差がなく認められた.慢性期の好酸球応答は動物種間で差が認められた.すなわち,マウスにおいてはこの時期の好酸球応答は認められなかった.ジャードでは感染後10-15週で一過性に弱い好酸球応答が認められたが,持続的なミクロフィラリア血症にも拘らず16週までに正常値にもどった.一方,ラットにおいてはミクロフィラリアの出現している期間持続して好酸球の応答が認められた. / Peripheral blood eosinophil responses of Wistar rats, Mongolian jirds and BALB/c mice were examined during the course of Brugia pahangi infection. Eosinophil responses developed during early prepatent phase of infection (peaking at 2-4 weeks) independent of host species. Patent phase eosinophil responses were different from each other, namely, mice lacked this phase response. Jirds showed weak and transient eosinophil response (at 10-15 weeks) but it was completely suppressed to normal level within 16th week of infection in contrast to those continuous response in rats over 60th week.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4490
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第29巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4490

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace