DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第29巻 第2号 >

ケニア西部における地方病型カポシ肉腫の地理病理学


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm29_02_03_t.pdf1.02 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ケニア西部における地方病型カポシ肉腫の地理病理学
その他のタイトル: Geopathological Study on Endemic Kaposi's Sarcoma in Western Kenya
著者: 鳥山, 寛 / 宇津田, 含 / 板倉, 英世 / KAMIDIGO, NOAH O.
著者(別表記) : Toriyama, Kan / Uzuta, Fukumu / Itakura, Hideyo / Kamidigo, Noah O.
発行日: 1987年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 29(2). p87-100, 1987
抄録: 1979年から1986年の8年間にわたり,ウガンダ共和国に隣接したケニア共和国西部,ウェスタン,ニャンザ,リフトバレーの3州においてカポシ肉腫の地理病理学的調査をおこない次のような結果を得た.1.カポシ肉腫は全悪性腫瘍, 4,243例中124例でその比率は2.92%であった. 2. 50才台に高い発生頻度が見られた. 3.男女比は8.4:1であった. 4.成人では原発部位は足,下肢,手,腕などの外界に暴露されやすい部位に多く認められた. 5.小児例では多くがリンパ節原発であった. 6.多発および単発病変の比は53:66であった. 7.部族的にはナイロート系のルオー族, バンツー系のルイア族に高い発生頻度が見られた. 8.地理的には比較的高温で湿潤な熱帯サバンナと熱帯高地に多く,乾燥した砂漠地帯,およびそこに居住する,ルオー族などと起源の類似した部族にはカポシ肉腫は全く見られなかった.これらの結果よりカポシ肉腫の発生要因としてなんらかの病原体の他に自然環境,生活様式などが強く関わっている事が推察された. / A geopathological study on endemic Kaposi's sarcoma (KS) in western Kenya was performed. During the eight year period between 1979 and 1986, 124 cases out of 25,343 surgical specimens were histologically diagnosed as KS in western Kenya (Western, Nyanza and Rift Valley Provinces). The epidemiological results were as follows: 1) KS accounted for 124 cases (2.92%) out of 4,243 malignant tumors. 2) A large number of KS was found among and over the 50-59 year old age group. 3) The male to female ratio was 8.4:1. 4) In adults, the most common site of primary lesion was the foot, followed by the leg, hand and arm. 5) In children, KS was predominantly of lymph node origin. 6) The ratio of multiple lesions to solitary lesions was 53:66. 7) Ethnically high incidences of KS per 100,000 population were found among the Luo and Luhya, inhabitants of Nyanza and Western Province, respectively. 8) All patients were from the relatively moist tropical savannah and tropical highlands. None of the patients were from desert or semi-desert areas. These findings suggest that some environmental factors are more important in influencing the causation of KS in western Kenya.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4493
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第29巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4493

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace